2019-06-14 21:00:00

2019年に高い期待がかかる仮想通貨取引所のWBFexが始動

プレスリリース発表元企業:WBFex

WBFex
Alieen Tang
tangying@wbf.io
www.wbfex.com

(上海)- (ビジネスワイヤ) -- WBFデジタル資産取引所(WBFex)は、2018年2月にニューヨークのウォールストリートで設立されました。WBFexの上級経営陣は、ニューヨーク、シンガポール、中国の金融・テクノロジー分野のエリートで構成されています。自由で、高速で、セキュアな画期的デジタル資産取引所であり、ブロックチェーン・ネットワーク上で運営されます。

第一世代の「集中型仮想通貨取引所」と第二世代の「プラットフォーム化デジタル資産取引所」を経て、WBFは「第三世代デジタル資産取引所」のリーダーになることを目指し、複数のセキュリティー技術を使用してグローバルなデジタル金融統合サービス・プラットフォームを作り上げました。

WBFexは、マルチ署名や高度保護DDOS攻撃システムといった業界をリードする技術を採用した銀行レベルのセキュリティー・システムを備えています。WBFexは、基盤的流動化プロトコルやサードパーティー・カストディアンを通じて個人投資家と機関投資家に安全でセキュアで効率的な最高性能のサービスを提供します。

WBFexは、スポット取引、差し入れ・貸し出し、暗号資産保管、差金・レバレッジ取引、オプション・コントラクト、先物コントラクト、指数先物コントラクト、その他の金融派生商品を含む幅広いデジタル金融商品を提供します。

WBFexは、世界の3000社を超える主要仲介企業と接続され、世界各地13都市のブロックチェーン・ホットスポットに実際のオフィスを構えています。究極のトラフィック・アグリゲーション・エンパイアを継続的に作り上げていきます。

WBFexは、新たなデリバティブ商品である「恒久コントラクト取引」を2019年10月に開始してデジタル金融商品スイートをさらに完全なものにする計画です。スポークスパーソンによれば、WBFexは2019年12月31日までに登録ユーザー数が450万人に達し、2020年6月30日までには1800万人に達すると予想され、登録ユーザー数で世界最大のデジタル資産取引所になる見込みです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190614005216/ja/

連絡先
WBFex
Alieen Tang
tangying@wbf.io
www.wbfex.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース