株式会社ヤマサキが展開する「La Sana(ラサーナ)」洗い流さないトリートメント市場 ブランドシェアにおいて11年連続で国内売上NO.1を獲得!

プレスリリース発表元企業:株式会社ヤマサキ
ラサーナ 海藻 ヘア エッセンス しっとり

ラサーナ 海藻 ヘア エッセンス ヒートメモリー ピンクグレープフルーツの香り

フランス・ブルターニュ産 海藻のエキス(美容成分)にこだわったマリンコスメブランド「ラサーナ」を展開する株式会社ヤマサキ(本社:広島市、代表取締役:山崎 宏忠)は、この度、「洗い流さないトリートメント市場 ブランドシェア」において、2008年から2018年までの11年連続で国内売上NO.1(※1)を獲得いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/186049/LL_img_186049_1.jpg
ラサーナ 海藻 ヘア エッセンス しっとり

近年は、ナチュラルなまとまり感やニュアンスヘアがトレンドになっていることや、ダメージケア意識の高まりを背景に、スタイリング剤の代わりにアウトバストリートメントを使用する層が増加しております。オイルタイプだけでなく、ミルクやミストタイプなど、剤形違いのアイテムに加え、スタイリング機能やフレグランス機能を追加したアイテムも投入され、使用シーンも増加してまいりました。2018年のアウトバストリートメント市場は271億円(前年比100%)規模を維持(※2)、市場の認知が安定してきております。この度「ラサーナ」ブランドは、シェア8.1%を占有、約22億円の販売となり、国内シェアNO.1となりました。

1998年、オイルタイプの洗い流さないヘアトリートメント「ラサーナ 海藻 ヘア エッセンス しっとり」を発売以来、高い補修力とベタつかない使用感が人気を呼び、その効果は口コミで広がり、本日まで高いご支持をいただいております。その後2008年に、剤形の異なる朝用アウトバス商品2品を投入。好調な売れ行きにより、同年、洗い流さないトリートメント市場のメーカー・ブランドシェアで、初のNO.1に輝きました。2012年には、髪にハリ・コシを与える「ラサーナ 海藻 ボリュームアップ ヘア エッセンス」、2013年には髪の摩擦に着目した「ラサーナ 海藻 ヘア エッセンス さらさら」を発売し、オイルタイプの市場領域を広くカバーすることに成功いたしました。
さらに2019年6月には熱の力で髪型を長時間キープする「ラサーナ 海藻 ヘア エッセンス ヒートメモリー」を数量限定で新発売。ダメージ補修機能とスタイリング機能を1本に詰め込み、コテ・アイロンを使用したスタイリングが定番化している若年層の獲得を図り、ブランド認知の更なる拡大を目指します。

2019年4月にラサーナブランドは40周年を迎えました。今後も長く愛される商品づくりに挑戦し続けることで、幅広いお客様のニーズにお応えできるよう精一杯取り組んでまいります。

(※1)2008-2018年実績「化粧品マーケティング要覧2009-2019」、アウトバストリートメントにおいて、ラサーナブランドとして(富士経済調べ)
(※2)化粧品系家庭用・トイレタリーの合計(業務用は含まない)


■会社概要
商号 : 株式会社ヤマサキ
代表者 : 代表取締役 山崎 宏忠
所在地 : 〒730-0843 広島県広島市中区舟入本町3-7
創業 : 1970年4月
資本金 : 8,000万円
事業内容: 化粧品の製造・販売
URL : http://www.corporate.lasana.co.jp/


■お客様からの問い合わせ
株式会社ヤマサキ PR担当
TEL : 0120-78-8682
受付時間 : 9:00~19:00(平日)、9:00~17:00(土日祝)
ホームページ: https://www.lasana.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース