ソニー、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」の提供を開始

プレスリリース発表元企業:Sony Corporation

TOKYO, Jun 12, 2019 - ( JCN Newswire ) - ソニー株式会社(以下、ソニー)は、機械学習を用いた予測分析ソフトウェアを新たに開発し、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(以下、ソニーネットワークコミュニケーションズ)が「Prediction One(プレディクション ワン)」としてサービス化しました。本日より法人向けに本ソフトウェアの提供※1を開始します。

本ソフトウェアは、機械学習やプログラミングなどの専門知識がなくても操作できる、シンプルで直感的なユーザーインターフェースが特長の予測分析ツールです。特別なシステムを必要とせず、ノートPCのような一般的な環境で動作し、数クリックの簡単な操作で高精度な予測分析を実行できます。また、予測とともに、その根拠も合わせて提示されるため、次のアクションが取りやすいことも特長の一つです。マーケティングや営業、人事、生産管理、顧客サポート、査定業務など、幅広い分野で活用できます。

予測分析は、統計アルゴリズムや機械学習を用いて過去の実績から将来の結果を予測するデータ分析手法の一つです。近年、蓄積したデータをビジネスに活用しようという動きが企業を中心に加速しており、予測分析はその高い導入効果から注目を集めています。一方で、予測分析をビジネス効率化や顧客価値の向上につなげるには高度な専門性を必要としますが、今後増えるニーズに対して専門家は不足しており、予測分析の導入の障壁となっています。

ソニーのR&Dセンターでは、数年前よりソニーグループ内の金融やサービスを手掛ける多様な事業組織において予測分析の導入を進めてまいりました。実際の業務の中で使われることで、数多くのフィードバックを得ることにより、予測分析の自動化アルゴリズムやユーザーインターフェース、予測理由をはじめとした機能の改良を重ねてきました。これらの取り組みを経て、専門外の方でも簡単に使える予測分析ソフトウェアを開発しました。すでにソニーグループ内で幅広く活用され成果を挙げています。

この度、このソフトウェアを「Prediction One」として、法人向けに提供を開始します。

ソニーネットワークコミュニケーションズは、通信サービス事業者としての長年の実績に加えて、近年は機械学習による画像判別ソリューションや直感的な操作でディープラーニングの開発ができる統合開発環境「Neural Network Console」を提供するなど、ソニーのAI技術を活用したサービス提供を行っており、AIを活用したビジネスの知見、ノウハウを有します。今回それらを生かして、幅広いお客さまが活用できるサービスの提供を進めてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201906/19-054/index.html

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース