2019-06-11 21:53:00

メアリー・ケイがザ・ネイチャー・コンサーバンシーと提携し、メキシコ湾の持続可能な漁業を推進

プレスリリース発表元企業:Mary Kay Inc.
メアリー・ケイがザ・ネイチャー・コンサーバンシーと提携し、メキシコ湾の持続可能な漁業を推進

この提携はTexas Fisheries & Coastal Resilience Programにメリットをもたらし、乱獲や生息地へのダメージといった問題に取り組む予定

(ダラス)- (ビジネスワイヤ) -- 企業の社会的責任における国際的リーダーのメアリー・ケイは本日、メキシコ湾における持続可能な漁業活動を推進するためにザ・ネイチャー・コンサーバンシーと提携したと発表しました。「Texas Fisheries & Coastal Resilience Program」と命名されたこのプログラムは、乱獲、生息地へのダメージ、混獲(商業漁業で偶然に対象外の魚を捕獲すること)などの問題に取り組むことを目指しています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20190611005599/ja/

Julie Sullivan, coastal restoration project manager for the Nature Conservancy. © Jerod Foster for T ... Julie Sullivan, coastal restoration project manager for the Nature Conservancy. © Jerod Foster for The Nature Conservancy.

メアリー・ケイ最高執行責任者(COO)のデブ・ギビンズは、次のように述べています。「地球上で最も価値ある資源である海を保護するために、私たち一人一人がそれぞれの役割を果たす責任があります。ザ・ネイチャー・コンサーバンシーと提携することで、メアリー・ケイが生態系と生物多様性の保全を推進できるようになることを私たちは願っています。」

このプログラムは、水界生態系を回復・維持するための漁場管理を支援すると同時に、革新、コミュニティーの協力、メキシコ湾全体の持続可能性を実現する政策を促進します。沿岸州の経済が急成長し、この地域に人が集まるにつれて、成長を支える方法が天然資源の健全性に直接影響を与えることになるでしょう。

1951年に設立されたザ・ネイチャー・コンサーバンシーは、生態学的に重要な土地と水を自然と人々のために保護するべく世界中で活動している主要な保全団体です。科学に根ざした実践活動を行っており、保全に関する最大規模で最も緊急の脅威に対する実際的な解決策を推進しています。

メキシコ湾全体を対象とすることで、メアリー・ケイの投資は以下のメリットをもたらします。

科学:管理を改善した場合のメリットを示すために優先漁場で実証プロジェクトを立ち上げ、他の漁場での変化の勢いをつける。 リーダー:パートナーシップと非政府系利害関係者からの革新的な貢献を活用する実験を推進し、適応的で協調的な管理能力を高める。 テクノロジー:最新の情報システムと意思決定支援ツールおよびテクノロジーの統合を実証し、影響を与えることにより、データ収集と適応的管理応答を合理化する。 ザ・ネイチャー・コンサーバンシーのテキサス地域担当ディレクターのローラ・ハフマン氏は、次のように述べています。「メアリー・ケイは長い間、来たるべき世代のために、地球を維持する変化に影響を与えるべく取り組んできました。健全で繁栄するメキシコ湾の生態系を確保する私たちの取り組みを倍増するという使命に沿った組織と提携することを、誇りに思います。私たちのプログラムへの今回の投資は、科学、政策、地域協力という点で目立った変化を起こすだけでなく、私たちが生態学的な健全性と経済的な繁栄のいずれかを選択する必要がないこと、つまり、私たちの活動は人と自然の共栄を支援するものであることを証明する助けになります。」

メアリー・ケイの代表者たちは先日、海洋プラスチック・リーダーシップ・サミットに参加しました。このサミットは、プラスチックのサプライチェーンの中にいる主要組織が集まった初のイベントであり、影響力の大きい取り組みを紹介し、創造的な新しい戦略とアプローチの見本を策定し、触発された提携、合弁事業、研究開発イニシアチブを通じて海洋プラスチックの危機に対する解決策の大規模導入を促進することを目的としています。

メアリー・ケイについて

ガラスの天井を打ち破った女性の先駆者の一人として知られるメアリー・ケイ・アッシュは、55年以上も前に次の3つの目標を掲げて自ら化粧品会社を起業しました。その目標とは、女性にやりがいのある機会を与えること、魅力的な製品を作ること、世界をより良い場所にすることです。彼女の夢は、約40カ国に数百万人の独立したセールス担当者を擁する数十億ドル規模の会社へと発展しました。メアリー・ケイは、美容の背後にある科学の研究と、最先端のスキンケア、カラー化粧品、栄養補助食品の製造に注力しています。当社は、メアリー・ケイ財団を通じてガン研究と家庭内暴力シェルターへ7800万ドル以上の寄付を行ってきました。メアリー・ケイ・アッシュが抱いていたビジョンは、口紅を1本ずつ売るごとに、さらに輝きを増しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190611005599/ja/

連絡先
Mary Kay Inc. Corporate Communications
marykay.com/newsroom
972.687.5332 or media@mkcorp.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース