東京12チャンネル(現・テレビ東京)の極秘資料から明かされる“悲劇の第3団体”国際プロレスの真実!『東京12チャンネル時代の国際プロレス』:6月12日(水)発売

プレスリリース発表元企業:辰巳出版株式会社
東京12チャンネル(現・テレビ東京)の極秘資料から明かされる“悲劇の第3団体”国際プロレスの真実!『東京12チャンネル時代の国際プロレス』:6月12日(水)発売

東京12チャンネル(現・テレビ東京)の極秘資料から明かされる“悲劇の第3団体”国際プロレスの真実!『東京12チャンネル時代の国際プロレス』:6月12日(水)発売

東京12チャンネル(現・テレビ東京)の極秘資料から明かされる“悲劇の第3団体”国際プロレスの真実!『東京12チャンネル時代の国際プロレス』:6月12日(水)発売


東京12チャンネル(現・テレビ東京)の極秘資料から明かされる“悲劇の第3団体”国際プロレスの真実! G SPIRITS BOOK vol.9『東京12チャンネル時代の国際プロレス』:6月12日(水)発売


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNDk5NyMyMjI2MjMjMzQ5OTdfU1ltcXVJZEJZaC5qcGc.jpg ]


https://amazon.jp/dp/4777822893 (Amazon)


◆「東京12チャンネル時代の国際プロレス」とは?

1974年春、アントニオ猪木率いる新日本プロレス、ジャイアント馬場率いる全日本プロレスの後塵を拝していた国際プロレス(社長=吉原功)は、エースのストロング小林を新日本に引き抜かれ、さらにTBSテレビのレギュラー中継も打ち切られて存亡の危機に陥ります。


しかし、同年秋から東京12チャンネルで新たにレギュラー中継『国際プロレスアワー』がスタート。“金網デスマッチの鬼”ラッシャー木村、“和製マットの魔術師”マイティ井上らを中心に全日本との対抗戦路線を推し進めましたが、馬場&日本テレビの策略(?)で団体のイメージが急落してしまい、観客動員も減少の一途を辿ります。


78年からは提携先を新日本に鞍替えしたものの、やはり団体対抗戦で蹂躙されて失墜。その結果、東京12チャンネルの中継は81年3月に打ち切りとなり、8月に団体崩壊(倒産)に追い込まれます。


◆東京12チャンネルの極秘資料「田中メモ」とは?

東京12チャンネル『国際プロレスアワー』のチーフディレクターだった田中元和氏が保管していた当時の上申書や企画書を元に、昭和プロレスライターの流智美が74年~81年の国際プロレスを徹底検証。放映存続のために東京12チャンネル側が思い描いていた新団体設立構想、幻に終わった5日間連続ゴールデンタイム生中継特番「ワールド・チャンピオン・カーニバル」等々、驚愕の新事実が明らかになります。


そして、国際プロレスが崩壊した最大の要因は何だったのか――。「田中メモ」以外にも、所属選手や外国人レスラーたちの証言、過去の新聞記事、中継の視聴率など数々のデータを交えながら、昭和プロレス全盛時代の深層を浮き彫りにする一冊です。


◆貴重な写真及び資料も収録!!


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNDk5NyMyMjI2MjMjMzQ5OTdfcGN5eXRJSnhoWi5qcGc.jpg ]


1975年大会ポスター


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNDk5NyMyMjI2MjMjMzQ5OTdfblJOcHR5RWdNZC5qcGc.jpg ]


1977年全日本vs国際対抗戦パンフレット表紙


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNDk5NyMyMjI2MjMjMzQ5OTdfeUptaU1PWkZJcS5qcGc.jpg ]


著者(右)と“鉄人”ルー・テーズ


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNDk5NyMyMjI2MjMjMzQ5OTdfaml4ZmpLaEZ5aS5qcGc.jpg ]


誌面より


– – –全国の書店で6月12日(水)発売開始!!– – – 

※画像をお使いになる際は以下の(c)をお願いいたします。

©TATSUMI PUBLISHING 2019.


◆書籍データ

タイトル:G SPIRITS BOOK vol.9『東京12チャンネル時代の国際プロレス』

著者:流智美

発売日:6月12日(水)

定価:2,000円+税

判型:四六判

頁数:304ページ

発行:辰巳出版株式会社


◆著者プロフィール

流智美(ながれ・ともみ):1957年11月16日、茨城県水戸市出身。一橋大学経済学部在学中、プロレス評論の草分け・田鶴浜弘に弟子入り。80年3月、大学卒業後にベースボール・マガジン社『プロレスアルバム』でフリーのプロレスライターとしてデビュー。以来、『週刊プロレス』に83年7月の創刊号から現在まで連載を持つ他、プロレス関係のビデオ・DVD監修、テレビ解説、ナビゲーター、プロレス漫画原作、トークショー司会などで活躍。著書・翻訳書・監修書、多数。2018年、プロレス界の功労者を顕彰するアメリカの『National Wrestling Hall of Fame』ライター部門にて殿堂入りを果たす。


◆プロレス専門誌「Gスピリッツ」編集部SNS

Twitter https://twitter.com/g_spirits

Facebook ページ https://www.facebook.com/g.spirits/


◆会社概要

(1)名称:辰巳出版株式会社

HP http://www.tg-net.co.jp/ Facebook ページ https://www.facebook.com/tgnet.co.jp / Twitter https://twitter.com/tatsumi_group

(2)代表者: 代表取締役社長 廣瀬和二

(3)所在地:東京都新宿区新宿2丁目15番14号 辰巳ビル

(4)設立:昭和42年11月1日

(5)事業内容:雑誌・書籍・ムック・コミックス・デジタルコンテンツ・等のメディア事業


◆本件に関するお問い合わせ先

企業名:辰巳出版株式会社

担当:プレスリリース配信室

Email:press@tatsumi-publishing.co.jp

TEL:03-5360-8965



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース