しまなみ海道20周年を記念したご当地グルメ「しまなみカレー」が誕生!しまなみの島々の形をした総重量2.5kgのカレーを「しまなみ温泉 喜助の湯」で提供スタート!

プレスリリース発表元企業:キスケ株式会社
しまなみ海道20周年を記念したご当地グルメ「しまなみカレー」が誕生!しまなみの島々の形をした総重量2.5kgのカレーを「しまなみ温泉 喜助の湯」で提供スタート!


「しまなみ温泉 喜助の湯」では6月3日(月)より、6種類のカレーやせんざんきなどでしまなみの島々を模したご当地グルメ「しまなみカレー」の提供を1日5食限定でスタートしました。総重量約2.5kgで、サイクリング仲間とのシェアにもオススメ。サイクリストに向けたキャンペーンも開催中です。

「迷ったら、お客様のために」を企業理念にアミューズメント・不動産・パチンコ事業などを展開しているキスケ株式会社(本社:愛媛県松山市、代表取締役:山路義則)が運営する「しまなみ温泉 喜助の湯」内の食事処「八兵衛」では、”しまなみ海道開通20周年記念”にちなみ、2019年6月3日(月)に「しまなみカレー」(税込2,500円)を発売、1日限定5食で提供を開始しました。


▼「しまなみ温泉 喜助の湯」公式サイト:http://kisuke.com/yu-imabari/


■まるでしまなみの島々を彩ったカレー。総重量約2.5kgの“シェアする” 新しいご当地グルメが誕生!


6月3日(月)に販売を開始した「しまなみカレー」は、しまなみ海道の各島々に見立てた 6 種類のカレーの味が楽しめるほか、今治のご当地グルメである「焼き鳥・せんざんき」などを乗せた ”総重量 2.5 キロ” の、シェアして楽しめる一皿です。中でもオススメは、しまなみ海道の島のひとつである広島県・生口島の誇るレモンを使ったカレー。爽やかな香りとともに、口いっぱいに広がるレモンの風味は、今までのカレーの印象を一変させるでしょう。


また、1999年5月1日に開通したしまなみ海道は、現在サイクリストの聖地として知られており、国内外から多くのサイクリストが訪れています。そのような中「しまなみ温泉 喜助の湯」は今年の春に、「2019 年 日本一サイクリストが集まる温泉」として自転車専門誌『BiCYCLE CLUB』の認定を受けました。


キスケ株式会社では“遊びを通じて、喜びを創り続ける”というミッションを大切にしており、今後もサイクリストの方が楽しめる企画を通して、地域と施設の魅力にふれていただけるような取り組みを続けていきたいと考えています。


<「しまなみカレー」詳細情報>

提供場所:しまなみ温泉 喜助の湯1F「食事処 八兵衛」

(〒794-0055 愛媛県今治市中日吉町1-2-30、TEL0898-52-8033)

発売日:2019 年 6 月 3 日(月)販売開始

価格:2,500 円(税込)

※総重量約2.5キロ、2~3人前

※1日5食限定


<しまなみ海道開通20周年記念キャンペーン情報>

サイクリストの方限定 :ソフトドリンク1杯プレゼント(2019年7月31日まで)

※サイクルジャージ・ヘルメット・手袋等にて、サイクリストの証明が必要です


【キスケ株式会社について】

本社:〒790-0066 愛媛県松山市宮田町4 キスケボックス2F

代表者:代表取締役 山路義則

設立:1970年(創立:1952年)

電話番号:089-921-0133(代表)

URL:https://www.kisuke.com/

事業内容:

・アミューズメント事業

・パチンコ事業

・開発事業(不動産)





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース