インキュベイトファンド、Chief Growth Officer就任のお知らせ

プレスリリース発表元企業:インキュベイトファンド

「任天堂」「ビズリーチ」など数々の広告コミュニケーションを手がけた北尾氏が投資先のマーケティング支援を加速

インキュベイトファンド株式会社(所在地:東京都港区/代表パートナー:赤浦 徹、本間 真彦、和田 圭祐、村田 祐介 以下、インキュベイトファンド)は投資先経営支援の体制強化のため、6月1日付で元電通の北尾昌大氏を、新たな仲間として加えたことをご報告致します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/5647/28/resize/d5647-28-639214-0.jpg ]

Chief Growth Officer
北尾 昌大
[画像2: https://prtimes.jp/i/5647/28/resize/d5647-28-553812-1.jpg ]

<経歴>
2000年に慶應義塾大学SFCを卒業後、株式会社電通に入社。クリエーティブ・ディレクタとして、国内外の様々なクライアント企業のTVCMや広告キャンペーンなどを手がける。主な仕事は、任天堂「Nintendo DS」「Wii」、ビズリーチなど。2018年英国Leeds大学にてMBA取得。

<コメント>
約20年近く、広告業界でクリエーティビティを武器に企業や商品のマーケティング活動をお手伝いしてきました。そこで気がついたのが、自分はクライアント企業の社長さんや事業部長さんなど、好きだなおもしろいなと感じる人を、クリエイティビティでサポートすることに大きな喜びを感じると言うこと。反面、広告をやっていて不満だったのが、自分の企画で失敗しても怒られないし、成功してもありがとうで終わっちゃうことでした。これからは、投資先企業の経営責任の一端を担いながら、マーケティングだけに限らずありとあらゆる手段を使ってグロースのお手伝いをしていきます。
また、広告のクリエーティブ・ディレクターがベンチャーキャピタルに参画した例は世界でも珍しいようです。であれば、自分が先陣をきって活動できるのはおもしろいと感じました。全然、違う畑のようで、コアの部分は非常に近く、延長線上にある仕事のようにも感じます。これまで鍛えてきたクリエーティビティの新しい使い道の方向を示すことができれば本望です。

■インキュベイトファンド 代表パートナー 和田 圭祐 コメント
インキュベイトファンドは、創業/シードステージに特化したVCとして、スタートアップの成長を支援してきました。
ベンチャーキャピタルの存在意義を忠実に追求していくことのみならず、同時にスタートアップのエコシステムの発展と拡充に貢献すべく、「Incubate Camp(※1)」や「IF Talent Network(※2)」などを通じて、多くの外部協力者の方々と連携しながら、成長支援インフラとしての新しいVC像に挑戦してきました。
今回の北尾氏の参画を機に、スタートアップの成長に直結するマーケティング/ブランディング/クリエーティブ面の支援を強化していきます。また、今後も成長企業の支援に有効な専門人材の採用と体制強化を推進していきます。

※1 Incubate Camp: https://peraichi.com/landing_pages/view/incubatecamp12th
※2 IF Talent Network(公開プレスリリース):http://incubatefund.com/1116_iftnk/

■インキュベイトファンド株式会社
インキュベイトファンドは、「志ある起業家の挑戦を、愚直に支え抜く」をモットーに、創業期の投資・育成に特化した独立系ベンチャーキャピタルです。シードスタートアップへの投資において国内最大規模の実績を有し、運用総額340億円のファンドから300社以上のポートフォリオを構築しています(2019年4月現在)。起業家のよきパートナーとして、最も近いポジションから、新規事業の創造やベンチャー企業の立ち上げ及びバリューアップに努めています。
本社所在地: 〒107-6003 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F
代表者  : 代表パートナー 赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介
設立   : 2010年
事業内容 : ベンチャー企業の投資・育成
URL   : http://incubatefund.com/


PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース