2019-06-06 16:15:15

完全な暗号通貨ウォレットがiPhoneに追加される登場する日がきそうです

プレスリリース発表元企業:Coinotaku OÜ



Appleは、暗号資産の操作を安全かつ効率的に実行できるようにする新しいフレームワーク、「CryptoKit」を発表しました。

新しく追加された機能は、 iPhoneにすぐにネイティブの暗号資産ウォレットが付属する 可能性があることを示唆しています。

この「CryptoKit」はAppleのWebサイトで静かに公開されていましたが、本日6月5日開催されたWorldwide Developers Conference(WWDC)で発表されました。


Appleは最新のOSに「CryptoKit」を導入する予定

Appleは次のiOS13アップデートで「CryptoKit」リリースします。

「CryptoKit」は開発者に暗号機能を追加するための新しいフレームワークを提供するもので、キー生成、暗号化などの操作をiOSアプリに統合することができ、公開キーでデジタル署名を作成し、送受信機能も追加されるとか。
メモリに保存されたキーを操作するだけでなく、A7の一部であるAppleの「Secure Enclave(安全領域)」に保存・管理された秘密キーを使用することも可能です。

CryptoKitはユーザーがさまざまな暗号操作を実行できるようにする高度で効率的なインターフェースで、 将来的には完全なハードウェアウォレット機能を利用できるようになる でしょう。

CryptoKitの発売は、AppleがBitcoinのシンボルをアイコンセットに取り入れているという情報が流れていて、AppleのSan Franciscoフォントと互換性があります。こちらがアイコンになるのではないかと言われているものです。

AppleはSamsungの主導権を握り、暗号通貨を採用しています

Samsungはユーザーが彼らの秘密キーを保存するのを可能にする統合されたウォレットを持つ代表的なスマートフォン、ギャラクシーS10を発売しました。

暗号資産支払いをSamsung Payに統合することも計画しているという噂が広まっていることから、Appleは暗号通貨の採用に強化しています。Samsungが自社のデバイスに完全に暗号化された暗号を提供するのが先か、あるいは暗号資産をApple Payに統合することが先か、待ち遠しいですね。
[画像1: https://prtimes.jp/i/36859/46/resize/d36859-46-629261-0.png ]

市場は想像以上に早く進みます。ハードウォレットを内蔵したスマートフォンのプロジェクトは2018年頃とても話題になりました。

彼らの製品はやっと2019年いくつか発表になりましたが、まだ製品を流通させるところまでは進んでおりません。

そんな市況感の中、アップル社は次のOSアップデートでブロックチェーンと繋がる「CryptoKit」サービスをリリース。

スピードがとても早く、 スマートフォンで暗号資産のウォレット管理をする場合、わざわざ専用端末を準備しなくてもiPhone一台で賄える時代が今年の秋ごろに誕生します。

ブロックチェーン界隈に精通している方々からすると、本来のブロックチェーンの在り方と大手企業が採用するブロックチェーンの活用方法にはズレが生じていることがしばしばあります。

しかし、現実には浸透したサービスが世の中では常識になります。

今回のブロックチェーンスマホ競争はアップル社が総取りをする可能性があります。


[画像2: https://prtimes.jp/i/36859/46/resize/d36859-46-769354-2.png ]


私は「暗号資産の市場自体をもっと拡げていきたい」という想いを持って、今までCOIN OTAKUという日本最大級の暗号資産メディアを運営してきました。

メディアだけでなくTwitterやフェイスブックでも情報を配信していくなかで、『伊藤さんからもっと近い距離で情報を掴みたい。』という要望を多数頂きました。

皆様に、これからのブロックチェーンの時代の変遷を近くでご覧いただければと思います。

まずは、コインオタク公式のLINE@をご登録ください

▼ ▼ ▼ ▼ ▼
http://line.me/ti/p/%40eae0487b
▲ ▲ ▲ ▲ ▲

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース