Palo Alto Networks Partnerが、量子コンピュータ耐性に対するILCoinのC2Pプロトコルを認証

プレスリリース発表元企業:ILCoin
「革新的なC2P(コマンドチェーンプロトコル)が、サイバーセキュリティ監査に合格したことがPalo Alto Networks Partner から証明され、51%の攻撃と量子コンピュータ耐性が確認されました」

ILCoinは、このたびPalo Alto Networks Partnerが、量子コンピュータ耐性に対するILCoinのC2Pプロトコルを認証したことをお知らせします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184934/LL_img_184934_1.jpeg
「革新的なC2P(コマンドチェーンプロトコル)が、サイバーセキュリティ監査に合格したことがPalo Alto Networks Partner から証明され、51%の攻撃と量子コンピュータ耐性が確認されました」

PoW(Proof-of-Work)などの分散元帳コンセンサスアルゴリズムにより、企業は2018年にハッキング攻撃で2,000万ドル以上を失い、その損失を回復することはできませんでした。そして、近い将来の量子コンピュータの普及が、それらの潜在的な損害を劇的に増加させ、その損害は数十億ドルに達するかもしれません。今まで、この壊滅的な問題に対する有効な解決策はありませんでした。
ILCoin( https://ilcoincrypto.com/ )プロジェクトのプロの開発者のチームは、この業界で51%攻撃の可能性を排除することを使命としています。最近、彼らの革新的なC2P(Command Chain Protocol、 https://github.com/ILCoinDevTeam/ilcoin-master )が、サイバーセキュリティ監査に合格し、量子コンピュータ耐性が確認されました。ILCoinのエグゼクティブマネージャであるNorbert Goffa( http://linkedin.com/in/norbert-goffa-6ba2ab159 )は、この問題について彼の考えを述べています。

「PoWアルゴリズムでは、51%の攻撃の可能性を克服することは非常に困難です。だから、私たちはゼロから再考する必要がありました。目標を達成するには、ブロックチェーン自体を大幅に改善する必要があることは知っていました。私たちはこれまでになかったユニークで、シンプルで機能的なテクノロジーを生み出そうとしました。そして、シンプルでエレガント、そして安全な解決策を見いだしました。」

Palo Alto Networks Partnerは、あらゆる潜在的な脆弱性を見つけるのに十分な時間をかけたいという考えのもと、4週間連続でC2Pテクノロジーをテストしていました。この間、彼らのチームは51%の攻撃、ロールバック攻撃を伴うフォーク攻撃、スマートコントラクトの機能に直接影響を与えるデザイン欠陥タイプの攻撃をテストしました。量子技術が多くの既存のコンセンサスプロトコルを乗っ取ることができるという事実を考慮して、C2Pプロトコルは量子コンピューティング51%攻撃に関連するすべてのリスクを首尾よく排除することをすべてのテストが示しました。

「我々はいくつかのブロックチェーン攻撃手法を試しましたが、全ての攻撃が失敗しました。C2Pのおかげで、ILCoinのブロックチェーンは51%の攻撃や量子コンピューティング攻撃に対して耐性があり、間違いなく素晴らしいものです。これを主張して証明します。たとえ無限の量のハッシュパワーでも攻撃には意味がありません。」と、Palo Alto NetworksのオフィシャルパートナーであるEURODIGITALのジェネラルマネージャであるPeter Borosは述べています。

ILCoinの合意プロトコルは、51%の量子コンピュータ攻撃に関連する問題を解決しました。これは史上初であり、クリエイターは最先端のブロックチェーン技術を提供する市場に自信を持って参入することを計画しています。

認証の詳細については、プロジェクトのWebサイト( https://ilcoincrypto.com/ )および開発チームのTelegramチャンネル( https://t.me/ILCoinDevelopmentTeam/ )を参照してください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース