SKINPLAYER、大きな窓付きGalaxy S10/S10+専用手帳型ケース販売開始

プレスリリース発表元企業:株式会社ロア・インターナショナル
Galaxy S10/S10+用ケース Trenther view

Galaxy S10/S10+用ケース Trenther view 仕様

Galaxy S10/S10+用ケース Trenther view カラーバリエーション

モバイル周辺アクセサリー専門の株式会社ロア・インターナショナル(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:Ally Won)は、SKINPLAYER(スキンプレイヤー)から、前面に付いた大きな窓から時間や通知が確認できる便利なGalaxy S10/S10+専用ケース「Trenther view(トレンザービュー)」を販売開始いたしました。
本製品は、ケースを開けずに通知の有無などを確認でき、簡易的なミラーにもなる大きな窓が付いており、カード収納やスタンド機能がありながらも、無駄のないスリムなデザインを実現したGalaxy S10/S10+専用手帳型ケースです。
ロア・インターナショナル運営ECサイト(http://www.mycase.jp)にて販売中です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184749/img_184749_1.jpg
【SKINPLAYER(スキンプレイヤー)について】
SKINPLAYERは、モバイルアクセサリーを中心にライフスタイルの変化に合ったデザインと実用性を追求した製品を生み出すブランドです。消費者のニーズに応えるトレンドに注目し、グローバル市場でブランドを展開しています。

株式会社ロア・インターナショナルは、SKINPLAYERの公式日本代理店として、国内販売店を幅広く募集しており、今後拡販していく予定です。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/184749/img_184749_2.jpg
【製品特長】
●通知をチェックできる大きな窓
ケースを開かなくても通知の有無が確認できるよう、前面に大きな窓が付いています。デバイスのディスプレイが消灯しているときは、簡易的なミラーとして使えます。
※使用前に窓表面の保護シートをはがしてください。

●こだわりの素材とデザイン
表面はしっとりとした質感の合成皮革に、内側は手触りの良い合成スエードを使っており、画面を優しく保護します。フレームには着脱が簡単なTPU素材を使用し、衝撃から端末をしっかり保護します。カードポケット付きながら、スリムに仕上げた手帳型ケースです。

●工夫されたシークレットポケット
フレームの裏にカードポケットがあり、カードや紙幣、領収書などの保管ができます。カードにより画面が傷つくことを防ぎます。カードを入れやすく、抜け落ちづらい横入れ1枚収納タイプです。

●優れた機能性
ケース背面部分を折り曲げると、動画などの視聴に便利なスタンド機能付き。また、ケース側面にストラップホールがあり、お好みでストラップを付けることが出来ます。 カメラホールはケラレや写りこみが無いよう、精巧に設計されています。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/184749/img_184749_3.jpg
【製品仕様】
商品名 :Trenther view
商品ページ:http://www.mycaseshop.jp/skp20001/
対応機種 :Galaxy S10(docomo SC-03L、au SCV41)
Galaxy S10+(docomo SC-04L、au SCV42)
カラー :グレーベージュ、レッド、ブラック
素材 :合成皮革、TPU、ポリカーボネート、ポリエステル
価格 :1,500円(税抜)

【株式会社ロア・インターナショナル 概要】
設立 :2006年7月
代表取締役社長 :Ally Won
所在地 :〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-45 近代グループBLD.20 3F
URL :http://www.roa-international.com
事業内容 :モバイルケースやデジタル機器周辺アクセサリーの輸出入/輸入品の卸・流通
直営販売ショップ:http://www.mycase.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース