2019-05-24 12:00:00

岡山理大 学生グループ『グロボラ』がキックオフミーティング/本年度の国際交流活動話し合う

プレスリリース発表元企業:岡山理科大学
キックオフミーティングに参加した「グロボラ」の学生たち

岡山理科大学(岡山市北区理大町)で国際交流活性化を目指して活動している学生グループ「グロボラ」(グローバルにボランティアする理大生の集まり)が2019年5月17日、岡山キャンパス内で本年度のキックオフミーティングを開きました。

「グロボラ」は、地域の学校で留学生による訪問交流を行ったり、理大を訪れる海外の学生との交流イベントを企画・運営したり、理大留学生をサポートするなど、様々な活動を行っています。2018年7月に約10人という少ない人数で活動を開始しましたが、今では62人が登録しています(2019年5月17日現在)。

キックオフミーティングでは、5つのカテゴリーに分け、本年度行う一連のイベントを紹介しました。

このグループへの参加は1年を通して募集しています。興味があれば「グロボラ」に登録。好きなイベントにだけ参加も可能です。グローバルにボランティアをしたいと考えているみんなで是非「グロボラ」っちゃいましょう!


【岡山理科大学について】
http://www.ous.ac.jp/
1964年、西日本初の理学部単科大学として応用数学科、化学科の2学科で開学。 2018年には愛媛県今治市に第2キャンパスを設け、西日本の私学で初の獣医学部を開設。7学部21学科1コースとなりました。「好奇心全開、探究心無限大」をキャッチフレーズに多彩な研究に取り組んでいます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
岡山理科大学 入試広報部
TEL:086-256-8412(内線1226)

【付帯情報】
・キックオフミーティングに参加した「グロボラ」の学生たち
http://itm.news2u.net/items/output/165821/1


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース