星野リゾート ロテルド比叡「比叡山やくばらい散歩・秋」が登場身を清めてから本格的に厄払い体験を期間:2019年9月1日〜11月30日

プレスリリース発表元企業:星野リゾート
【ロテルド比叡】旧竹林院1

【ロテルド比叡】やくよけ参拝_延暦寺1

【ロテルド比叡】浄化セット

比叡山に建つオーベルジュ「星野リゾート ロテルド比叡」に、2019年9月1日、身を清めてから本格的に厄払い体験ができる「比叡山やくばらい散歩・秋」が登場します。参拝の前に、客室でお香やお茶で身を清める体験や、邪気を払うとされる菊を散りばめた「菊善哉(きくぜんざい)」を朝食で提供します。チェックアウト後は、比叡山に鎮座する延暦寺と日吉大社を参拝します。参拝中、旧竹林院で菊をあしらった「花手水(はなちょうず)」を見ることができます。比叡山の紅葉スポットを巡りながら、「やくよけ参拝」と「やくばらい参拝」を本格的に体験できます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_1.jpg

■ 背景:本格的な厄払いを体験するために、滞在中に身を清めてから参拝へ
比叡山に鎮座する延暦寺と日吉大社は、もともと平安京の鬼門である北東に位置し、災いを退ける魔除けや厄払いの地として、1200年を歩んできました。ロテルド比叡での滞在中に、浄化セットや菊善哉で自らを清めてから、翌日は国宝を多くめぐる「比叡山やくばらい散歩・秋」を、本格的に体験頂きたいという思いから開発しました。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_2.jpg

■ 特徴1:ロテルド比叡オリジナルの「浄化セット」を使って参拝前に身を清めて厄払いへ
浄化セットには、滞在中に客室で身を清めるお香やお茶を用意しました。最初のお清めはお香です。お香は、厄を追い出すと言われています。初めに、柔らかい「におい香」で部屋全体を清めます。次にその空間でお茶を飲み、身体の中からも清めます。このお茶は、最澄が唐から持ち帰った原木から分木した茶畑で栽培された特別なものです。滋賀県土山でお茶を製造する「近江茶丸吉」とロテルド比叡で、厄払い用に共同開発しました。比叡山を流れる「日枝の霊水」で入れたお茶で身体の中を清めてから、お休みします。朝の出発前には、延暦寺で祈祷した「塗香(ずこう)」で身を清めます。参拝前の作法で、口と体に直接香を塗り、身を清めます。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_3.jpg

■ 特徴2:朝食のデザートで菊を使った「菊善哉」
朝食では、食用菊を使った菊善哉を提供します。善哉は、仏教用語で、お釈迦様が弟子に言われた善き哉(よきかな)から来ていると言われ、精進料理として古くから食されています。また、菊は邪気を払うといわれ、秋には菊の花を飾り、日本酒に花びらを浮かべて飲むなど古くから用いられてきました。その風習から、比叡山では食用菊が伝統野菜として栽培されています。菊は比叡山延暦寺の開祖である最澄が大陸から持ち帰ったもので、平安時代から栽培が始まったといわれています。比叡山発祥の食用菊をあしらった「菊善哉」を食べて、厄払いに出かけて頂きたいという思いを込めて、朝食のデザートに用意しました。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_4.jpg

■ 特徴3:旧竹林院で花手水(はなちょうず)
神社やお寺には、参拝者が身を清める場所として、手や口を洗う手水舎(ちょうずしゃ)があります。旧竹林院にある手水舎に花を浮かべた、「花手水」が見学できます。花手水は、旧竹林院の庭を歩きながら、2か所で見学できます。菊の花を中心に、花をきれいに浮かべて、秋らしい参拝ができるよう開催します。延暦寺や日吉大社での厄払いの後に、一息つく場所として、旧竹林院ではロテルド比叡宿泊者限定のティーサロンも併せて利用できます。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_5.jpg
<旧竹林院について>
旧竹林院は、延暦寺の僧侶が厳しい修行を終えて隠居所として住んでいた「里坊」が起源となる施設。比叡山の門前町である坂本は、里坊が多く立ち並び、秋になるとそれぞれの庭がきれいに紅葉します。きれいな庭を持つ旧竹林院で、秋の景色と共に花手水を楽しめます。大津市の文化財である旧竹林院と、ロテルド比叡の共同での開催となります。(休館日:月曜日、月曜日が祝日の場合は火曜日)

■ ロテルド比叡のスタッフが作成した「比叡山紅葉フォトマップ」を使って散策
比叡山を参拝する中で、きれいに紅葉を撮影ができるフォトスポットを紹介した「比叡山紅葉フォトマップ」を作成しました。比叡山延暦寺や日吉大社、その周辺の門前町坂本には、カエデが多く生息し、秋になると多くの場所で紅葉を見ることができます。最近では、反射を利用したリフレクション撮影が行える「旧竹林院」が話題です。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_6.jpg
▲旧竹林院の紅葉
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_7.jpg
▲旧竹林院の花手水
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_8.jpg
▲日吉大社山王門

<滞在スケジュール例>
1日目:厄払い前日
15:00 チェックイン
18:00 発酵フレンチの夕食
20:30 浄化セットで身を清める
2日目:厄払い当日
06:30 延暦寺 国宝根本中堂で「朝のお勤め」
08:00 ロテルド比叡に戻って朝食~デザートに菊善哉の提供~
09:30 チェックアウト バスで延暦寺へ
*荷物は京都駅前のホテルでの受け取りが可能
09:45 延暦寺やくよけ参拝、延暦寺宿坊で御守授与と梵字ラテ
11:10 延暦寺を出て坂本ケーブルで日吉大社 へ
12:00 日吉大社 国宝西本宮でやくばらい参拝
12:30 旧竹林院で花手水見学
13:15 「やくばらい蕎麦」の昼食(オプション)
14:30 JR比叡山坂本駅より電車で京都駅へ
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_9.jpg
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_10.jpg

■ 「比叡山やくばらい散歩・秋」概要
■期間 :2019年9月1日~11月30日
■プラン名:やくよけ・やくばらい参拝付き宿泊プラン
■料金 :27,700 円~(2 名 1 室利用時 1 名あたり、税・サービス料別)
*含まれるもの:1泊2食、延暦寺・日吉大社の拝観、祈祷、梵字ラテ、延暦寺の御守、
日吉大社のお下がり、浄化セット、菊善哉、旧竹林院での花手水
■備考 :*天候、延暦寺・日吉大社の行事で開催できない日もあります。
ご了承ください。
ご朱印料金 各300円、ロープウェー 片道860円
■オプション:やくばらい蕎麦2,500円、旧竹林院里坊ティーサロン1,000円
■予約 :公式サイト(https://hr.hotel-hiei.jp/yakubarai/

星野リゾート ロテルド比叡
世界文化遺産・比叡山延暦寺の続き地に建つ琵琶湖を望むオーベルジュ。古来より近江に伝わる発酵の知恵を用いた鮒鮓や豊穣な近江食材を使い、新しいフレンチや発酵の体験をお楽しみいただけます。
所在地 :〒606-0000 京都府京都市左京区比叡山一本杉
電話 :0570-073-022(星野リゾート予約センター)
客室数 :29室(スタンダードツイン25室・セミスイート2室・スイート1室・
ペットルーム1室)
チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00
料金 :1泊24,000円~(2名1室利用時1名あたり、税・サービス料別、夕朝食付)
アクセス :JR湖西線大津京駅より車で約20分
JR京都駅八条口から無料送迎バスで約45分
URL :https://www.hotel-hiei.jp/
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_11.jpg
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/184336/img_184336_12.jpg


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース