千葉商科大学 -- 地元を盛り上げる地域活性化プロジェクト「さんむ田んぼアート2019 はじめる田植え」で田植え体験、地元産食材BBQ、田植え結婚式を実施

プレスリリース発表元企業:千葉商科大学




千葉商科大学(学長:原科幸彦)人間社会学部(学部長:朝比奈剛)は6月1日(土)に、道の駅「オライはすぬま」に隣接する田んぼで「さんむ田んぼアート2019はじめる田植え」を実施する。
同学部では、2014年の学部開設より地域社会が抱える課題の理解とその解決方法を実践的に教育している。色とりどりの稲を使って水田に絵を描き出すこのイベントは、2015年から山武地域で行われ、今年で5回目を迎える。
蓮沼地区は夏の海水浴シーズン以外の観光客誘致が課題のため、本イベントを通じて地元の食材や見どころをPRすること、また、農家の人手不足を解決するため、農業に興味を持つきっかけとなることを目的としている。




 参加者は、田植えの農業体験ができるのはもちろん、作業後には地元産の野菜や豚肉を使ったBBQを行う。学生が地元企業と開発した千葉県産のねぎを使ったソーセージやドレッシングも提供。
 今回、初の試みとして同日に「田植え結婚式」を執り行う。2組のカップルがイベント参加者に祝福されながらBBQ会場で挙式し、ケーキ入刀の代わりに記念の稲を植える。

◆「さんむ田んぼアート2019 はじめる田植え」概要
【日 時】 2019年6月1日(土) 10:00~15:00 ※荒天時、翌日に順延
【集 合】 道の駅「オライはすぬま」(千葉県山武市蓮沼)
【定 員】 100名
【参加費】
・事前申込:大人3,000円、小学生以下1,500円
・当日申込:大人3,500円、小学生以下2,000円
 (昼食、レジャー保険代を含む)
【主 催】千葉商科大学人間社会学部、さんむ田んぼアートPROJECT、道の駅オライはすぬま
※ 概要、交通手段、申込などの詳細はイベント公式サイトへ。
 [URL] https://tamboartsys.wixsite.com/sammu

※ 今後のイベント開催予定 (別途要申込み。詳細は順次公式サイトにてお知らせ)
・7月27日(土) できあがった田んぼアートを鑑賞する「めでる田んぼ鑑賞祭」
・9月28日(土) 稲を収穫する「いろいろ稲刈り」



【報道関係者の皆さまへ】
 ご取材をお申込みいただける場合は、5月30日(木)までに添付PDFのFAX返信票をお送りくださいますようお願い申し上げます。 

▼本件に関する問い合わせ先
千葉商科大学 戦略広報センター
住所:千葉県市川市国府台1-3-1
TEL:047-373-9968
FAX:047-373-9969
メール:p-info@cuc.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース