『5分後に意外な結末』シリーズ、『表参道高校合唱部!』シリーズ他が2018年度「朝の読書で読まれた本(小学校・中学校)」に選ばれました。

プレスリリース発表元企業:株式会社 学研ホールディングス

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原 博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)発行の『5分後に意外な結末』シリーズ、『表参道高校合唱部!』シリーズ他が、2018年度「朝の読書で読まれた本(小学校・中学校)」に選ばれました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/2535/2184/resize/d2535-2184-226008-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/2535/2184/resize/d2535-2184-324232-0.jpg ]

■朝読(朝の読書)とは?
「朝の読書」とは、株式会社トーハンが支援する形で全国に広がった読書推進運動のこと。2019年5月現在では、「朝読」実施校(小学、中学、高校)は、全国で合計26,822校に及ぶ。
2018年度「朝の読書で読まれた本」の中身は、朝の読書推進協議会が全国の小学校・中学校・高等学校に向けて定期的に実施している「朝の読書実態調査」に寄せられた「学校図書館貸し出しベスト5」の回答をまとめたもの。
朝の読書ホームページ https://www.tohan.jp/csr/asadoku/

■『5分後に意外な結末』シリーズが選ばれた理由とは?
「朝の読書」の実施状況(2019年5月7日)の調査結果によると、実施時間で最も多いのが10分間とのこと。『5分後に意外な結末』シリーズは、5分で読める短編小説を30話収録しているため、「朝読」時間内で読み切れるという点で多くの読者のニーズにマッチしている。なお、昨年度の同調査結果を見ても、『5分後に意外な結末』シリーズは中学生部門1位、小学生部門13位にランクイン(今年度は非ランキング形式)。継続した人気を誇っていると言えよう。

『5分後に意外な結末』シリーズ公式サイト
https://gakken-ep.jp/extra/5fungo/index.html
シリーズ本一覧と、読者からの感想をご覧いただけます。

■『5分後』以外にも!
学年別調査、ジャンル別調査結果を見ると、『5分後に意外な結末』シリーズの他にも学研より発売している人気書籍の名前も上がっている。

◇小学校◇
【読み物(低学年向け)】
「10歳までに読みたい世界名作」シリーズ
【読み物(高学年向け)】
「5分後に意外な結末」シリーズ
「動物と話せる少女リリアーネ」シリーズ
【学習まんが】
「学研まんが新ひみつ」シリーズ
◇中学校◇
【読み物】
「表参道高校合唱部!」シリーズ
「5分後に意外な結末」シリーズ

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告