軽量で組立簡単な熱風ボックスを6月から販売開始!

プレスリリース発表元企業:株式会社マイセック
温風ボックス外観

扉開放写真

株式会社マイセック(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役:間宮 康博)は各種材料を収納し保温及び加温する事が可能な組立式熱風ボックス「マイ・ホットエアーボックス」の販売を2019年6月から開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182570/LL_img_182570_1.jpg
温風ボックス外観

現状多くの食品工場では温水や蒸気などを使用し調味料や果汁の解凍をしています。しかし結露によるカビの発生や、温水が漏れて床が濡れてしまう問題が発生しています。
また、冬の建設現場では水性塗料やコーキングなどが凍ってしまうと使用出来なくなってしまう問題もあります。そこで同社ではマジックテープで簡単に組み立てる事が可能な組立式熱風ボックス「マイ・ホットエアーボックス」を開発し6月より熱風を利用した解凍や凍結防止の提案を開始します。本製品の断熱板は国土交通大臣認定の不燃材料認定取得品を使用しています。独立気泡構造の為、防湿性も高く水が染み込みにくい構造となっており、厚さ20mmと薄いながらも、グラスウールの厚さ50mm相当の保温力を有しています。
断熱板1枚辺りの重量は約2.5kg程度で、1台につき10枚セットとなっています。
組立は作業員2名で15分程度で行う事が可能です。
断熱板の外装カバーは塩ビコーティングクロス、内装は結露が発生しても生地に染みこまないテフロンコーティングクロス仕様となっています。外装および内装は防炎仕様となっており、熱風に対する耐熱は120度となっています。
熱風を循環する事で非循環時に比べ電力の低減と熱風ボックス内の温度を安定させる事が可能となります。
ドラム缶だと最大4缶、1000L仕様のIBC(中型容器)は1台収納する事が可能となっており幅広い業種で利用出来ると期待されています。


■製品仕様
外装カバー:塩ビコーテイングクロス(防炎)
内装カバー:テフロンコーティングクロス(防炎)
断熱材 :ポリイソシアヌレートフォーム(不燃材)
外寸 :W1540×D1540×H1520mm
内寸 :W1500×D1500×H1500mm
点検窓 :W200×D200mm(側面1か所)
吸気口 :直径75mm(下部)
排気口 :直径75mm(上部)
熱風耐熱 :120度
重量 :25kg
定価 :¥547,000円
※ :熱風発生器は付属しません。


■会社概要
商号 : 株式会社マイセック
代表 : 代表取締役 間宮 康博
本社所在地: 〒451-0072 愛知県名古屋市西区笠取町三丁目54番地
設立 : 昭和50年4月14日
資本金 : 1,600万円
URL : http://www.misec.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース