北海道・札幌にて「モエレ沼芸術花火2019」を9/7(土)に開催!観光・芸術資源を世界に発信し、地域の発展を目指す

プレスリリース発表元企業:NPO法人モエレ沼芸術花火、モエレ沼芸術花火2019実行委員会
ポスター

写真(1)

写真(2)

モエレ沼芸術花火2019実行委員会は、2019年9月7日(土)にモエレ沼公園(所在地:北海道札幌市)にて、「モエレ沼芸術花火2019」を開催いたします。
2012年に「モエレサマーフェスティバル」として始まったモエレ沼公園の花火は、市内の花火大会が年々減少している状況を受け、「市民による市民のための夏祭り」をコンセプトに有志が立ち上がってはじまりました。2014年からは、さらなる芸術性を追求し「モエレ沼芸術花火」と名称を変更し、7回目を迎えることとなった2018年は、台風21号・北海道胆振東部地震の発生により、開催を中止と致しました。昨年打ち上げが叶わなかった分まで、本年は国内最高峰の花火師たちのドリームチームで「競技会用新作玉」も使用したノンストップの芸術花火プログラムをお届けいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184312/LL_img_184312_1.jpg
ポスター

■モエレ沼芸術花火2019 開催概要
【開催日】
●2019年9月7日(土)16:00~20:30 ※予定
16:00 開場
16:30 参加型お楽しみイベント
19:30~20:30 芸術花火打上げ(ノンストップ)
※荒天時は翌日に順延、開催可否は当日12時に判断
●2019年9月8日(日)9:00~12:00 ※予定
世界一たのしいゴミ拾い

【場所】
モエレ沼公園(札幌市東区モエレ沼公園1-1)

【趣旨】
●札幌市の財産であるモエレ沼公園を舞台に、市民力を集結したお祭りを開催する。
●モエレ沼公園の特性を活かし、日本の伝統芸能である花火の新しい表現を提案する。
●世界に通用する観光資源、芸術文化資源として、地域の発展に寄与する。
●地域が一体となって作っていく「市民のお祭り」として継続、定着していくことを目指す。

【内容】
フードブース/日中お楽しみイベント(企画中)/尺玉約40発打上!“Great Sky Art”/世界一たのしいゴミ拾い(花火の翌朝開催)/フォトコンテスト&絵画コンテスト(後日作品募集・表彰)

【入場料】※すべて前売料金
・芝席大人 3,800円(税込4,104円)/小学生 500円(税込540円)
※未就学児は無料
・プレミアム席 8,000円(税込8,640円)
※小学生料金の設定は無し
・その他マイカーパック等の販売有り
・一次抽選販売
※枚数限定、芝席超早割1枚あたり1,080円(税込)割引
(2019/5/24(金)10:00~6/3(月)23:59)
・二次先着販売
※枚数限定、早割1枚あたり540円(税込)割引)
(2019/6/8(土)10:00~6/24(月)23:59)
・一般発売(2019/6/29(土)10:00~)

*ローソンチケット/楽天チケットにて販売
*全席有料、未就学児無料(膝上観覧のみ)
*雨天決行、荒天時翌日順延両日荒天時は中止、中止の際にのみ払い戻し。
*車いす座席チケットは公式ホームページよりお申込みいただけます。

【アクセス】
地下鉄栄町駅、地下鉄麻生駅よりシャトルバスを運行予定。
市内・市外各地20カ所以上より往復バス発着のパック券(リムジンバスパック)販売。リムジンバスパックは日本旅行北海道・クラブツーリズムにて販売受付。

主催 :NPO法人モエレ沼芸術花火/モエレ沼芸術花火2019実行委員会
主管 :モエレ沼芸術花火2019パートナーズ
(株式会社アクティー/株式会社Hand Made/
株式会社プリズム/一般財団法人放送音楽文化振興会/
株式会社ローソンHMVエンタテイメント/KDDI株式会社)
特別後援:札幌市
特別協力:北海道コンサドーレ札幌
協力 :文化庁地域文化創生本部/札幌市公園緑化協会/
サッポロさとらんどさとみらいプロジェクトグループ


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース