ファラデー社、データ通信用途ASICの開発サポートを強化

プレスリリース発表元企業:Faraday Technology Corporation
ファラデー社、データ通信用途ASICの開発サポートを強化

ファラデー社、データ通信用途ASICの開発サポートを強化

(台湾・新竹)- (ビジネスワイヤ) -- ASIC設計サービスおよびIPプロバイダーのファラデーテクノロジー社(TWSE:3035)は本日、データ通信用途ASICで10件以上のプロジェクトを成功させる成果を上げたと発表しました。これらのプロジェクトは、主にUMC 28nm HPCと40nm LPプロセスを採用し、アクセス、アグリゲーション・スイッチ、サーバ・アダプタ、ホーム・ゲートウェイといったアプリケーションを含んでいます。

ファラデー社は、ネットワーキングASICおよびSoCプロジェクトにおける数々の高速インターフェースIPの集積化とテスティングの実績、成功例を積み上げてきました。10Gから100Gのネットワーク・スイッチとマルチギガビット・サーバ・アダプタ・アプリケーションへの需要が過去最高水準にある中で、ファラデー社は、このような市場のお客様が自社の研究開発費を劇的に削減したり新製品の早期市場投入の為の時間を短縮することを可能にする能力を繰り返し実証してきました。

さらに、ファラデー社は、今日の通信アプリケーションの為に必要な包括的なシリコンでの検証済のIPソリューションを準備しています。これには、低遅延広帯域データ通信のための高速I/O、28nm HPCプロセスによる業界唯一の28G SerDes PHY、ルールテーブル参照のためのTCAM(3値連想メモリ)、システム信頼性強化のためのTDC(温度センサ)、高精度なタイミング要件のための低ジッターPLLなどが含まれます。

ファラデーテクノロジー最高執行責任者(COO)のFlash Linは、このように述べています。「現代のデータ通信市場の成長は、広帯域ネットワークのインフラに依存しています。ファラデーは、魅力の高いハードウェアとシステムレベルのソリューションでこれらご要求に対応してきました。ファラデーは、この分野での研究開発リソースへの大規模な投資を継続し、多数の世界の最先端を行く通信ベンダーとの協業でいくつかの目覚ましい成果を残してきました。当社は、さらに多くのお客様に当社の信頼性の高いソリューションを活用していただき市場での成功のお役に立ちたいと考えています。」

ファラデー社の御紹介

ファラデーテクノロジー社(TWSE: 3035)は先進のファブレスASICおよびシリコンIPのプロバイダーです。なお、ファラデー社は、ISO 9001及びISO 26262の認証を取得済です。当社の幅広いIPポートフォリオにはI/O、セル・ライブラリ、メモリ・コンパイラ、ARM互換CPU、DDR2/3/4、LPDDR1/2/3(ローパワー)、MIPI、V-by-One、USB 2.0/3.1 Gen 1、10/100/1000イーサネット、シリアルATA、PCI Express及びプログラマブルSerDesなどが含まれます。台湾に本社を置くファラデー社は、米国、日本、ヨーロッパと中国を含む世界にサービスおよび技術サポートの拠点を持っています。詳細は下記にアクセスしてご確認ください。www.faraday-tech.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190521005074/ja/

連絡先
Press Contact
Evan Ke
+886.3.578.7888 ext. 88689
evan@faraday-tech.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告