2019-05-20 12:15:00

ザ・ウィー・カンパニー、新しい不動産取得・管理プラットフォームのARKを立ち上げ

プレスリリース発表元企業:The We Company

ARKは当初、総出資金として約29億ドルを投入する予定
このプラットフォームは、エンタープライズ戦略とアンカー・テナント戦略を通じてポートフォリオ全体で資産を最適化し、イノベーションを推進
アイバンホー・ケンブリッジ(Ivanhoé Cambridge)がARKの新規ベンチャーの設立戦略パートナーに


(ニューヨーク)- (ビジネスワイヤ) -- ザ・ウィー・カンパニーは、世界規模の不動産取得・管理プラットフォームであるARKを立ち上げたことを発表いたします。

ザ・ウィー・カンパニーの不動産投資戦略の進化形態

ARKは、ザ・ウィー・カンパニーおよびローヌ・グループと提携する投資アドバイザーであるウィーワーク・プロパティ・アドバイザーズに代表される不動産の取得と管理における強力な基盤の上に成り立っており、同社はARK立ち上げの一環としてARKと統合します。

ARKは、世界のゲートウェイ都市およびウィーワークの入居により利益を受ける成長著しい二次市場で不動産資産の取得、開発、管理に重点的に取り組みます。ウィーワークは、アンカー・テナント戦略と併せて、ARKが所有または運営する物件で会員企業向けにサービスとしてのスペース・モデルを展開します。これには、当社の成長中のエンタープライズ事業が含まれ、これは現在、全世界の会員数の40%を超えています。

ARKは、ザ・ウィー・カンパニーの現場選択プロセスと独自の技術、ならびにパートナーやエンタープライズ会員企業との関係を活用して、幅広い不動産の機会を捉えます。ARKは、実績あるプリパッケージ型事業計画を実行することで資産を即座に安定させ、物件の調達、建築、入居者募集、運営におけるザ・ウィー・カンパニーの定評ある能力を基に、不動産所有者に包括的なソリューションを適用します。

ARKのマネジングパートナーであるリッチ・ゴメルは、次のように述べています。「私たちは、ウィーワークのエコシステムが家主や不動産パートナーに生み出すことができる価値を目の当たりにしてきました。ARKの立ち上げにより、ザ・ウィー・カンパニーの幅広い不動産の経験とネットワークを活用し、成長を促進することができます。ARKを立ち上げたのは、このような機会を最大限に活用し、不動産業界がザ・ウィー・カンパニーの成長と拡大に参加できるさまざまなパートナーシップの選択肢を提供するためです。」

アイバンホー・ケンブリッジ(Ivanhoé Cambridge) - 戦略パートナー

ARKはまた、ケベック州投資信託銀行の不動産子会社で、世界最大規模の最も信頼される機関不動産投資家の1つであるアイバンホー・ケンブリッジ(Ivanhoé Cambridge)が、このプラットフォームに多額の資金と支援を提供することを発表します。アイバンホー・ケンブリッジは、世界の不動産の取得と管理でARKと協力する予定であり、これにより、当プラットフォームはアイバンホー・ケンブリッジの不動産部門における豊富な経験と専門知識を活用することができます。

アイバンホー・ケンブリッジのシルヴェイン・フォアティア最高投資イノベーション責任者は、次のように述べています。「ザ・ウィー・カンパニーと同様に、当社は従来の不動産の基準を覆すことに大きな利点があると考えています。私たちは、同じビジョン、社会的責任への取り組み、長期的な不動産へのアプローチを共有しているため、これは当然のパートナーシップであり、両社にとって変革的なパートナーシップになると確信しています。ザ・ウィー・カンパニーは、創造性のある革新的な人材と技術および設計の専門知識を有しています。これは商業用であれ住宅用であれ、不動産スペースの新たな期待に応える上で欠かせないものです。ARKは取得と資産管理の専門家から成る強力なチームと、ザ・ウィー・カンパニーとの深い関係を生かします。両社は互いを完ぺきに補完すると考えています。」

経営陣とパートナー

ARKは、ウィーワーク・プロパティ・アドバイザーズとの統合により、当初の総出資金として29億ドルを投入する予定です。ザ・ウィー・カンパニーはARKの過半数所有者となります。

このプラットフォームの責任者は、ローヌ・グループのマネジングディレクターであり、ザ・ウィー・カンパニーの取締役であるスティーブン・ラングマンが務めます。ラングマンはARKの経営委員会の委員長を務め、またARKの投資委員会の委員も務めます。

ラングマンとゴメルに加え、以前ニューヨーク・リートとボルネード・リアルティ・トラストに勤務していたウェンディ・シルバースタインがARKの最高投資責任者を務めます。ARKの経営陣は、不動産の取得、開発、管理の分野で幅広い専門知識を有する経験豊富な不動産専門家の専任グループが支援します。

会社概要:

ザ・ウィー・カンパニー

2010年にアダムおよびレベッカ・ニューマンとミゲル・マケルヴィによって設立されたザ・ウィー・カンパニーは、ウィーワーク(WeWork)、ウィーリブ(WeLive)、ウィーグロウ(WeGrow)の3つの異なる事業部門から構成されています。ウィーワークの使命は、単に生計を立てるためではなく、人生のために働く世界を作ることです。ウィーリブの使命は、誰もが孤独を感じない世界を築くことです。ウィーグロウの使命は、すべての人の大きな力を解き放つことです。ザ・ウィー・カンパニーは、2019年の初めには27カ国の100都市に425カ所の拠点を持ち、フォーチュン500社の30%以上を含む40万以上の会員を擁しています。詳細情報については、www.we.coをご覧ください。

ARK

ARKはザ・ウィー・カンパニーの関連会社であり、ニューヨーク市を拠点とする新しい世界規模の不動産取得・管理プラットフォームです。ARKは、世界のゲートウェイ都市と成長著しい二次市場における優良な不動産資産の取得、開発、管理に重点的に取り組みます。ARKはザ・ウィー・カンパニーと提携し、ザ・ウィー・カンパニーの既存、新規、および開発中の製品およびコミュニティーとスペースの管理方法をARK所有の不動産に適用し、ザ・ウィー・カンパニーとパートナーやエンタープライズ会員企業との関係を生かして、活気に満ちた完全プログラム化されたエコシステムを構築します。

注記:

本プレスリリースには将来予想に関する記述が含まれている可能性があります。これは依存すべきものではなく、変更される可能性があります。本プレスリリースに記載された内容は、何らかの会社、事業体、ビークルの過去または将来の業績やその他の目標に関する約束、保証、または表明として信頼するべきではありません。実際の出来事や状況は大きく異なる場合があります。

本プレスリリースに記載されている活動は、高いリスクを伴うものであり、ザ・ウィー・カンパニーまたはARKまたはその関連会社の目的が達成されることを保証するものではありません。本プレスリリースに記載されている目標はその性質上仮定的なものであり、現在の考え、仮定、情報に基づいており、例示的な情報提供のみを目的として提示されており、将来の出来事を予想または予測するものではありません。将来の出来事は経済、市場、その他の大きな不確実性を伴います。ARKが管理する出資金は、他の第三者機関運用会社と共同で共同管理される場合があり、この出資金に関するさまざまな最終契約で定められた契約条件の対象となります。本プレスリリースに記載された内容は、いかなる管轄区域においても、証券の売出し申し出や、買付申出の勧誘、あるいは投資助言や投資運用サービスの提供に当たるものではありません。

本プレスリリースに記載の情報の正確性または完全性について、ザ・ウィー・カンパニー、ARK、またはそれらの関連会社は、明示または黙示を問わず、いかなる表明も保証も行いません。本プレスリリースは、いかなる管轄区域においても、証券の売出し申し出や、買付申出の勧誘に当たるものではありません。本プレスリリースの読者は、ザ・ウィー・カンパニーおよびARKの代表者に、これらの記述の根拠となる手順および方法論(仮定を含む)について問い合わせ、独自の独立した調査と評価を行い、各自の特定の状況に応じて、本プレスリリースに記載の情報の妥当性とその意味について独立した助言を求めてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190519005043/ja/

連絡先
Media Contact
Dominic McMullan / Arif Shah
press@wework.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース