2019-05-16 18:34:00

アンダーセン・グローバルがアフリカでの展開を拡大

プレスリリース発表元企業:Andersen Tax
アンダーセン・グローバルがアフリカでの展開を拡大

Moribame Matthewsがアンダーセン・グローバルと協力契約を締結

(サンフランシスコ)- (ビジネスワイヤ) -- ボツワナの法律事務所のMoribame Matthewsが、アンダーセン・グローバルと協力契約を締結しました。Moribame Matthewsはアンダーセン・グローバルのボツワナ初の拠点であり、ボツワナはアンダーセン・グローバルが拠点を持つアフリカで11番目の国となります。

2007年創業のMoribame Matthewsは、会社法と商法、不動産譲渡手続きと証券、知的財産、債権回収、訴訟・仲裁のサービスを企業と個人に提供しています。同事務所のサービス提供分野は、銀行業、ヘルスケア、ホテル・観光業、エンジニアリング、建設業、鉱業、エネルギー、不動産、資本市場と金融です。

Moribame Matthewsのオフィス・マネジング・パートナーのKgaotsang Matthewsは、次のように述べています。「アンダーセン・グローバルの基準は高いことから、優れた能力と評判を持つアンダーセン・アフリカ・チームとの協力契約の締結は、光栄であるとともに責任も伴います。過去12年間、当事務所はこの特異な市場でプロフェッショナリズム、俊敏性、一流のクライアント・サービスを提供してきたという自負があり、今後もサービスと展開範囲を世界に広げながら、こうした姿勢をさらに押し進めていく所存です。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「Moribame Matthewsにより当社のアフリカ戦略は新たな広がりを見せ、アフリカと世界のクライアントへ幅広くシームレスなサービスを提供する当社の能力が飛躍します。今回の協力契約は重要な市場に対する取り組みであり、引き続き機会を得られる位置に当社を置くでしょう。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の140カ所以上の拠点に4500人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190516005355/ja/

連絡先
Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース