放牧管理ファームエイジクラウドサービス「グラスファーム」を提供開始

プレスリリース発表元企業:ファームエイジ株式会社
放牧管理ファームエイジクラウドサービス「グラスファーム」を提供開始

放牧管理ファームエイジクラウドサービス「グラスファーム」を提供開始


ニュージーランド北海道酪農協力プロジェクト、グラスファーミングスクールなど放牧を推進しているファームエイジ株式会社は、北海道大学上田教授の協力のもと放牧酪農家のためのクラウド管理ツール「グラスファーム」のサービス提供を開始いたしました。
グラスファームは、放牧地における草の生長量や牛がどれだけ草を食べているか等の情報を素早く集計、可視化することで、日々の管理や牧場経営全体の意思決定に活かすことが出来る日本初のサービスです。

【背景】

放牧酪農の現場における課題として、牧草の生長量や牛がどれだけ草を食べているか等の情報を具体化するためにICT技術とクラウドサービスを利用して開発を行っています。


【製品・サービスの概要】

ライジングプレートメーター(牧草の乾物収量測定機器)を用いて導き出された数字を入力することで、牧場における様々な情報がグラフ化され、日々の管理や牧場経営全体の意思決定に活かすことが出来る日本初のサービスです。

利用者としては、主に酪農家やそこに努める従業員となり、JA職員などの農業関係機関や農業改良普及員、大学などの研究機関の方々でも利用することが出来ます。


<3つの特長>

1:放牧草の情報をクラウド上で管理・共有が可能に

クラウド上で草の生長量、フィードウェッジが管理されるのでリアルタイムで最新の情報が確認可能。オーナーだけでなく、従業員へも簡単に情報共有ができます。またPCだけでなく、スマートフォンやタブレットを使って遠隔地でも確認できます。

2:牛の採食状況が一目でわかるグラフ化機能

従来は現地で測定した数字を持ち帰り、パソコンなどで集計する必要があった作業がその場で集計され、簡単に確認することが出来ます。これにより大幅な時間削減だけでなく、牧場経営全体の素早い意思決定ができます。

3:コンサルタントアドバイスサービス

可視化された数字やグラフに基づいたアドバイスも行うことが出来ます。データを基に牧場全体の改善を図ることで、放牧がもたらす収益を最大限に広げることが期待できます。


【今後の展望】

今後はさらに利便性を上げる機能などの追加、英語版の作成も行い海外の方にも利用していただける新しいサービスを目指します。

【ファームエイジ株式会社について】

本社:〒061-212 北海道石狩郡当別町字金沢166番地

代表者:代表取締役 小谷 栄二

設立:1985年3月2日

資本金:3195万円

Tel:0133-22-3060

Fax:0133-22-3013

URL:http://farmage.co.jp

事業内容:畜産動物・野生動物関連農業資材の開発・販売、ニュージーランド放牧システムの提案・普及事業





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
 

広告

ピックアップ 注目ニュース