2019-05-07 21:17:00

エイパックス・ファンド、CPPIB、PSP投資局がアセリティとその傘下のKCI子会社を67億2500万ドルで3Mに売却する契約を締結

プレスリリース発表元企業:Acelity
エイパックス・ファンド、CPPIB、PSP投資局がアセリティとその傘下のKCI子会社を67億2500万ドルで3Mに売却する契約を締結

KCIは世界一流の医療技術企業として先進的創傷治療と特殊外科の製品に傾注

(サンアントニオ & ニューヨーク)- (ビジネスワイヤ) -- エイパックス・パートナーズの助言を受けたファンドから構成されるコンソーシアム(「エイパックス・ファンド」)は、カナダ年金制度投資委員会(CPPIB)およびカナダ公共部門年金投資委員会(PSP投資局)と共に本日、アセリティおよびその傘下の世界各国のKCI子会社を3Mに対し、約67億2500万ドルで売却する正式契約を締結したと発表しました。KCIは約90カ国で広範な陰圧創傷治療製品、特殊外科製品、先進的創傷ドレッシング製品を販売しています。

2011年以来、エイパックス・パートナーズ、CPPIB、PSP投資局は、アセリティ/KCIの上級経営陣と密に協力しながら、当事業を変革して、先進的創傷治療/特殊外科ソリューションに傾注する世界一流企業にすることを目指してきました。当社の戦略的M&Aプログラムでは、2013年のシスタジェニックスや2018年のクローフォード・ヘルスケアなどの的を絞った買収、2017年に29億ドルで売却されたライフセル事業部門や2012年に売却された治療サポートシステム(TSS)事業部門などの非中核事業の売却を行ってきました。当社はまた、研究開発への投資、臨床研究、営業陣の拡大を含め、有機的成長のための広範なイニシアチブを実施してきました。

提供製品には、KCIブランドの陰圧創傷治療製品、先進的創傷ドレッシング材、陰圧術創管理システムが含まれます。業界をリードする当社のブランドにはV.A.C.® Therapy、PREVENA™ Therapy、PROMOGRAN PRISMA™ Matrix、さらにはiOn Digital Healthプラットフォームが含まれます。取引の完了後、KCIは3Mのメディカル・ソリューション事業の不可欠な一部門となり、3Mの技術を応用して臨床転帰と医療経済を改善するための安全で有効なソリューションを提供します。

アセリティの最高経営責任者(CEO)であるアンドリュー・エッケルトは、次のように述べています。「KCIは本日、ヘルスケアのパイオニアとしての長い歴史における新たな時代に突入します。KCIと3Mの組み合わせにより、革新、顧客体験、臨床・経済面のエビデンスでリードする事業のリーチを拡大することになります。3Mの資源と専門力に支えられたKCIは、治癒速度を速め転帰を改善するようにデザインされた一層魅力的なソリューションを医師と患者に提供できるようになります。私は、エイパックス、CPPIB、PSP投資局が長年にわたり、その緊密な提携と戦略的な指示により、KCIを先進的創傷治療の世界一流企業へと形付けてくれたことに感謝しています。」

アセリティの取締役会会長と、エイパックス・パートナーズのパートナーを務めるスティーブン・ダイソンは、次のように述べています。「私たちは、経営陣との緊密な協力により、KCIの戦略的運営を強化するM&Aプログラムを含め、さまざまな成長イニシアチブを通じてKCIを成功裏に変革させたことを誇りに思います。3Mとなら、この事業の前途には、洋々たるものがあります。最後に、エイパックス・ファンドで長年にわたり投資してきた2組織のCPPIBおよびPSPと共同で今回の投資を大成功させたわけですが、これに参加する機会を得たことに大いに感謝しています。」

CPPIBのマネジングディレクターでダイレクト・プライベート・エクイティ担当責任者のライアン・セルウッドは、次のように述べています。「CPPIBにとって、KCIが世界中で何百万人という患者に利益をもたらす医療機器・製品を提供できるよう支援できてうれしく思います。当組織が投資している間、KCIは革新的なソリューションの投入と新しい地域への進出により、人々が生活を回復することに貢献しました。」

PSP投資局のマネジングディレクターでプライベート・エクイティ担当責任者のサイモン・マークは、次のように述べています。「KCIとその経営陣は長きにわたり心躍る変革に取り組んできましたが、私たちはエイパックスおよびCPPIBと提携してこれらを支援できたことを光栄に思います。KCIは有機的成長の新規イニシアチブへの投資に成功しており、3Mと協力することで継続的な成長が見込めると確信しています。」

本取引はAcelity L.P. Inc.の完全子会社Acelity, Inc.の売却を通じて実現し、慣習的な完了条件の履行と規制当局からの承認を前提に、2019年後半に完了する見込みです。

JPモルガンとゴールドマン・サックスが本コンソーシアムの財務顧問を務めています。シンプソン・サッチャー・アンド・バートレットとジャクソン・ウォーカーがコンソーシアムの法律顧問を務めています。

アセリティ子会社のKCIについて

アセリティ子会社のKCIは、先進的創傷治療製品で高い信頼を得ているブランドです。 当社は陰圧創傷治療製品のリーダーとして、創傷治癒と外科的管理の両ソリューションを提供しています。当社の提供製品は90カ国以上で利用可能で、治癒速度を速めるソリューションを通じて価値を提供します。KCIは品質・安全性・顧客体験の点でリードしており、治癒の科学を前進させることに傾倒しています。テキサス州サンアントニオに本社を置くKCIは、世界で約4500人の従業員を雇用しています。

エイパックス・パートナーズについて

エイパックス・パートナーズは、世界一流のプライベート・エクイティ助言企業です。40年以上の歴史において、調達ないし助言の対象となったファンドはコミットメント総額が約500億ドルを超えています。エイパックス・ファンドは医療、技術および通信、サービス、消費財という世界的な4分野の企業に投資しています。これらのファンドは、世界クラスの企業を確立・強化するための長期的なエクイティファイナンスのサービスを提供します。詳細については、www.apax.comをご覧ください。

エイパックス・ファンドは医療分野において、医療機器、製薬、ヘルスケア・サービス、ヘルスケアITの各領域で約80億ドルの株式投資を行ってきました。医療機器のサブセクターではエイパックス・ヘルスケアのチームが、メンリッケ、バイエア・メディカル、キャンデラ、ヘルシアムなどさまざまな企業と提携し、それぞれの分野における戦略的リーダーを創出してきました。

カナダ年金制度投資委員会について

カナダ年金制度投資委員会(CPPIB)は専門的投資運用組織であり、2000万人の拠出者および受益者のため、カナダ年金制度(CPP)が当座の給付金の支払いに必要としない資金を投資しています。カナダ年金制度の資産の多角的ポートフォリオを構築するため、CPPIBは上場株式、プライベート・エクイティ、不動産、インフラ、債券商品に投資しています。トロントに本社を置き、香港、ロンドン、ルクセンブルク、ムンバイ、ニューヨーク、サンパウロ、シドニーにオフィスを構えるCPPIBは、カナダ年金制度から独立して統治・管理され、政府とは一定の距離を置いています。2018年12月31日時点で、CPP基金の総額は3685億カナダドルでした。CPPIBの詳細情報については、www.cppib.comをご覧いただくか、リンクトインフェイスブックツイッターでのフォローをお願いします。

PSP投資局について

カナダ公共部門年金投資委員会(PSP投資局)は、カナダ最大級の年金投資管理組織として、2018年9月30日時点で1589億カナダドルの純資産を管理しています。当委員会は、公開金融市場、非公開株、不動産、インフラストラクチャー、天然資源、民間債への投資から構成される多角的な世界的ポートフォリオを管理しています。1999年設立のPSP投資局は、連邦公務員、カナダ軍、王立カナダ騎馬警察、予備軍の年金基金への純拠出金を管理しています。オタワに本部を置くPSP投資局は、モントリオールに主たる営業所、ニューヨーク、ロンドン、香港に事務所を構えています。詳細情報については、investpsp.comをご覧いただくか、ツイッターまたはリンクトインでのフォローをお願いします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190507005577/ja/

連絡先
Acelity Media Relations:
Cheston Turbyfill,
VP, Corporate Communications Acelity
cheston.turbyfill@acelity.com
+1 312-952-0837

Acelity Investor Relations:
David Clair, CFA,
Westwicke Partners
investors@acelity.com
+1-646-277-1266

Apax Partners:
Global Media: Andrew Kenny, Apax | +44 20 7 872 6371 | andrew.kenny@apax.com
USA Media: Todd Fogarty, Kekst | +1 212-521 4854 | todd.fogarty@kekst.com
UK Media: Matthew Goodman, Greenbrook | +44 20 7952 2000 | apax@greenbrookpr.com

CPPIB:
Darryl Konynenbelt
+1 416-972-8389
dkonynenbelt@cppib.com

PSP Investments:
Verena Garofalo
+1 (514) 218-3795
media@investpsp.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース