ブライソン、ゼンリンデータコムとAGL+SDL対応「Z-NAV」デモ機を『モバイル活用展』 に出展

プレスリリース発表元企業:ブライソン株式会社



ブライソン株式会社 (本社:横浜市中区、代表取締役社長 橋満 ⼠郎)は、
株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長 清水⾠彦)ブースにおいて、
2019年5月8日(水)~5月10日(金)まで東京ビッグサイトで開催される『第9回 モバイル活用展』に
出展致します。

モバイル活用展では、Automotive Grade Linux(以下、AGL)及び、Linuxを車載向けSoC(H/U)に
搭載したデモ機を展示致します。デモ機では、SDLの車両情報連携の仕組みを応用した「Z-NAV」で、
車載同等のナビ機能の体験が可能です。

◆展示概要

[画像1: https://prtimes.jp/i/26472/15/resize/d26472-15-488157-0.jpg ]

デモ機構成
車載OS:AGL ※LinuxOS版も展示あり。
スマートフォンOS:Android
連携方式:USB、Wi-Fi Direct

機能
1.映像転送
「Z-NAV」から地図画像をストリーム転送し、 車載向けSoCに接続されたディスプレイに表示。
2.音声転送
「Z-NAV」から割り込み音声をストリーム転送し、 車載向けSoCに接続されたスピーカーから鳴動。
3.タッチイベント通知
車載向けSoCに接続されたタッチパネルディスプレイを用い、「Z-NAV」を操作。
4.車両情報通知
車載向けSoCからSDLの仕組みを利用して、車両情報(GPS、各種センサー情報)を「Z-NAV」に通知。
「Z-NAV」は、SoCから受信した車両情報を基に、自車位置更新。

◆商標について
・SmartDeviceLinkは、SmartDeviceLinkConsortiumの商標、または登録商標です。
・Automotive Grade Linuxは、The Linux Foundationの日本およびその他の国における
 登録商標または商標です。
・Androidは、Google LLCの商標、または登録商標です。
・Linux、リナックスはLinus Torvalds氏の米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。

◆出展概要

 公式サイト:https://spring.japan-it.jp/ja-jp/about/mobix.html
 開 催 日:2019年5月8日(水)~10日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00)
 場   所:東京ビッグサイト
 出展ブース番号:西2ホール10-14


[画像2: https://prtimes.jp/i/26472/15/resize/d26472-15-224585-1.jpg ]

【会社概要】
会社名:ブライソン株式会社
所在地:横浜市中区山下町25番地15 フューチャー山下町5F
U R L :https://www.brison-inc.jp/

【お問い合わせ先】
e-mail:customer@brison-inc.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース