銀座612 ビル(仮称) テナント募集開始!

プレスリリース発表元企業:株式会社 アン・コンサルティング
銀座612ビル(仮称)外観

銀座612ビル(仮称)屋上部分

銀座612ビル(仮称)夜外観・入口外観(夜・昼)

合同会社銀座612(本社:東京都中央区、代表社員:小谷周/株式会社アンコンサルティング代表取締役)は、2019年4月8日に着工した『銀座612 ビル(仮称)』(2020 年1 月末竣工予定)のテナント募集を、来る5月7日より開始いたします。

この度のテナント募集は、日本の商業の中心地であり、インバウンド観光最大の人気スポットともなっている「銀座」エリアにツリーハウスをモチーフにした、最上階に「桜」のあるランドマークビル誕生へ向けた第一歩です。
『銀座612ビル(仮称)』は、商業ビルや周辺のオフィスワーカー、海外の観光客をはじめ多くのお客様で賑わう「銀座」エリアに誕生し、東京メトロ銀座駅やJR新橋駅からも徒歩圏内という利便性の高い場所で、今後更なる発展と広域エリアからの集客が期待されています。そして、このビルは隣接する建物から飛び抜けて高く、北東にスカイツリー、南西に東京タワーを望む最高の屋上空間を持ち、ツリーハウスのように銀座を一望することができます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182830/img_182830_1.jpg

13階と屋上空間は、吹き抜け・外部階段により連続して構成されています。吹き抜け部分にはシンボルツリーとして「桜」が植樹されます。そして、吹き抜け部分にはバーも設置され、「桜」や四季折々の花々で季節を感じながら飲食をお楽しみいただけます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/182830/img_182830_2.jpg

ビルの照明は、街を歩く人々の視線を自然と上に導くように設計され、屋上空間の魅力をアピールするものとなっています。また夜間だけでなく昼間歩く人々の視線も集める強いアピール性を持ち、銀座の街にふさわしい上品さも兼ね備えています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/182830/img_182830_3.jpg

合同会社銀座612 は、テナントの決定やリーシングの開始などについて、以下のとおり発表します。

■ 出店募集概要
募集期間:2019年5月7日(火)~
募集条件:以下URLからご確認ください。
https://3dtatemono.info/pages/g612/

■銀座612ビル概要
名 称 :G612 PROJECT
建築主 :合同会社銀座612
建設地 :東京都中央区銀座6丁目12番12号
建物用途 :店舗(飲食)、事務所
敷地面積 :115.67平方m
階 数 :地上13階
建築物高さ:48m
延べ床面積:1034.16平方m
構 造 :鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース