2019-04-25 18:47:00

アンダーセン・グローバルがザンビアの協力事務所を得て50カ国への拡大を達成

プレスリリース発表元企業:Andersen Tax
アンダーセン・グローバルがザンビアの協力事務所を得て50カ国への拡大を達成

アンダーセン・グローバルがザンビアの協力事務所を得て50カ国への拡大を達成

(サンフランシスコ)- (ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは本日、Mulenga Mundashi Kasonde Legal Practitioners(MMKLP)を加えて持続的な成長における新たな節目を迎えたと発表しました。ザンビアの法律事務所のMMKLPは、アンダーセン・グローバルと協力契約を締結しました。国際的連合体のアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通じて50カ国に拠点を展開しています。

パートナー5人が率いるMMKは1999年より、企業合併・買収、税務、訴訟、労務・産業問題解決の助言を顧客に行ってきました。20周年を迎えたこの協力事務所はザンビア最大級の法律事務所であり、アンダーセン・グローバルにとってはアフリカで11カ所目の拠点となります。

MMKLPマネジングパートナーのMichael Mundashiは、次のように述べています。「MMKはザンビアの現代史上で特に注目を浴びた金融イベントのいくつかで助言を行う機会を得てきました。当事務所を前進させ続ける原動力の一つは、国内と世界の顧客にさらなるメリットをもたらしたいという願望です。アンダーセン・グローバルとの協力により、世界のあらゆる地域で、各地の深い専門知識をさらに優れたレベルで提供できるようになります。」

MMKLPの加入により、アンダーセン・グローバルの提携事務所および協力事務所を通じた法務拠点が存在する国の数は41カ国となりました。

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「50カ国という節目は、アンダーセンの世界的組織と、誰もが一員になりたいと願う連合体を築くために努力を払っているパートナー全員にとって、大きな意味を持ちます。法務サービスを5大陸の40カ国以上に拡大できたという事実は、アンダーセンが世界規模で包括的なビジネス・ソリューションを真の意味で提供することを可能にします。Mundashi氏とMMKの専門家は、シームレスなサービスと透明性を重んじるアンダーセンと共通の価値観を有しています。アンダーセン・チームへのMMKの加入を楽しみにしています。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の139カ所以上の拠点に4000人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190425005414/ja/

連絡先
Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース