秋田県由利本荘市産の素材にこだわったおつまみ感覚の新商品 濃厚ジャージーミルクスティックチーズ、4月から自社サイトで発売

プレスリリース発表元企業:わくわくエンターテイメント株式会社
商品写真(1)

商品写真(2)

陳列イメージ(ゆりプラザ)1

わくわくエンターテイメント株式会社(所在地:秋田県由利本荘市、代表取締役:菊地 長司)は、秋田県由利本荘市産「濃厚ジャージーミルクスティックチーズ」を従来の販売場所である由利本荘市物産館ゆりぷらざでの販売に加え、4月から自社通販サイトにおいても発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/181383/LL_img_181383_1.jpg
商品写真(1)

■「濃厚ジャージーミルクスティックチーズ」の開発背景
わくわくエンターテイメント株式会社では、地元秋田県由利本荘市の魅力を全国の皆様に知ってもらうための商品作りを行っており、秋田県南部の県境にある鳥海山の恵みを受けて育ったジャージー牛、その濃厚なミルクで作ったチーズの一種カチョカバロをもっと身近に、食べ易くするためスティック状にしました。


■「濃厚ジャージーミルクスティックチーズ」の特徴
*ジャージー牛の濃厚なミルク
秋田県と山形県に跨る標高2,236mの鳥海山の大自然の中で育ったジャージー牛のミルクは、乳脂率5%、無脂固形分率9%を超え、乳は脂肪球が大きくカロチンを豊富に含む為、黄色が濃いのが特徴です。

*カチョカバロ
カチョカバロチーズとは、作り方は途中までモッツァレラチーズと同じですが、お湯で洗いながら練った後、形を整えてぶら下げて熟成させ、モチモチとした食感と優しいミルクの風味が特徴です。

*おつまみ感覚のスティック状
カチョカバロは一般的にソテーなど加熱して食べますが、ジャージー牛の濃厚なミルク感や噛み応えのある食感に加え、バランスの良い塩加減がおつまみとして最適です。

*美味しい食べ方
袋に入ったまま常温~人肌くらいまで温めると、表面が黄色くなり脂肪分でコーティングされてきます。そこへ、付属の黒胡椒(小袋)をふりかけよく揉んで下さい。黒胡椒のピリッとした刺激がよりミルク感を引出しますので、清酒や赤ワインのおつまみにも良く合います。
もちろん、通常のカチョカバロとしてソテーなどで食べても美味しいです。


■商品概要
商品名 : 濃厚ジャージーミルクスティックチーズ
価格 : 600円(税別)
内容量 : 30g
サイズ : 縦125mm×横40mm×奥40mm(パッケージサイズ)
原材料 : 生乳、食塩、胡椒
保存方法 : 要冷蔵
賞味期限 : 製造から60日
発売日 : 2019年3月5日
自社サイト販売開始日: 2019年4月1日
販売場所 : 自社通販サイト、ゆりぷらざ、めんこいな市場、武源商店
自社通販サイト : https://yuri12.shopselect.net/items/15929931
※通販サイトでは、3箱入り(30g×3)とさせていただきます。
価格には梱包代も含まれております。


■会社概要
社名 :わくわくエンターテイメント株式会社
所在地 :〒015-0809 秋田県由利本荘市本荘93
代表者 :代表取締役 菊地 長司
設立 :2002年5月
事業内容:地域産業に関する商品の企画開発及び販売並びに販売の斡旋


■本件に関するお客様からのお問い合わせ先
わくわくエンターテイメント株式会社 お客様相談窓口
担当 : 佐藤
TEL : 090-8921-5475
e-mail: shop@yuri12.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース