英数学館高校、国際バカロレアプログラム(IBDP)第1期生卒業 第1期卒業生の門出によせて/IBクラス担任:教諭 隅田晃司

プレスリリース発表元企業:学校法人広島加計学園
平成30年度 IBDP第1期生 卒業証書授与式

英数学館高等学校(広島県福山市、校長 永留 聡)では、グローバル化する国際社会に貢献し得る視野と資質を持った人材育成を重視し、国際バカロレア機構が提供する教育プログラム「IBDP(International Baccalaureate Diploma Programme)」を実施しています。
国際バカロレアプログラム(IBDP)とは、厳格な評価制度のもとに運営される高度な国際教育プログラムで、多様性に対する理解と共感を持ち、平和な世界の構築に貢献する人材の育成を目指すものです。
本校IBクラスの生徒は、高校第2学年から2年間で所定のディプロマプログラム(DP)を履修し、最終的に国際バカロレア機構が実施する世界統一試験で成績を修めることで、IBDP修了資格取得を目指しています。有資格者には国内外トップクラスの大学へと進学する門戸が大きく開かれるだけでなく、高い能力を活かし国際社会で活躍するチャンスがもたらされます。
今春、IBクラス第1期生が晴れて卒業し、それぞれがさらなる成長を目指して次のステージへと羽ばたいていきました。今回は、クラス担任を務めた教諭 隅田晃司が2年におよぶ学びの現場を振り返り、成果や今後の課題などについて語ります。

▽ 英数学館高等学校 IBDP第1期生が卒業 ― 学びの魅力と将来の展望
http://www.news2u.net/releases/165428

▽ 英数学館高等学校におけるIBDPへの取り組み
https://www.eisu-ejs.ac.jp/high/ib
https://www.eisu-ejs.ac.jp/high/life/ib

▽ 英数学館高等学校の教育方針
https://www.eisu-ejs.ac.jp/high/feature

▽ 文部科学省 - 国際バカロレアとは
http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/ib/1307998.htm


≪ 第1期卒業生の門出によせて - IBクラス担任/教諭 隅田晃司 ≫

この春、英数学館高等学校IBクラスの第1期生の7名が卒業しました。IBPDのカリキュラムは非常に多くの課題をこなさねばならないので、とにかく「全員、よく頑張ったなあ」というのが今の気持ちです。ハイレベルなプログラムを最後までやり遂げるには、高い自己管理能力やコミュニケーション能力が求められます。本校の生徒は英数学館小学校の英語イマージョンクラス(※)から英数学館中学校を経て、英数学館高校へと進級してきた生徒もいれば、他の中学校から入学した生徒など 背景は様々。そこで、各自がそれぞれのやり方でプログラムになじめるよう、生徒一人ひとりに目を配ったケアを大切にしました。
※“immersion(イマージョン)= 浸すこと”の意の通り、授業の半分以上を英語で行う教育手法を採用したクラス。多くの時間を英語環境で過ごすことで実践的な英語力を身につけることを目的としている。

日本の一般的な学校教育とIBDPが大きく異なる点は、暗記型の学習ではないことや、先生の板書を生徒がひたすらノートに書き写すという作業が全く無いことでしょう。IBDPの授業ではメモをとる程度で、あとは討論やプレゼンテーションなどをメインに、コミュニケーション能力を高めることに重きを置いています。最初は恥ずかしそうにしている生徒も高校生活3年間でたくましく成長します。

IBクラスでは外国人の先生との生きたコミュニケーションや読み書きの訓練を通して実践的な英語力を養います。その結果、自分の意見を英語で瞬時に伝える力が身につき、IBDP修了者の大きな強みになります。
また、学習を進めていく上で多くの裁量権を生徒自身に委ねることで、自主性や行動力、判断力、責任感を育み、成果につなげているのも、このプログラムの特色だと思います。

近年は日本でもIB入試を導入する大学が増えつつあるので、IBDP修了資格の取得は間違いなく有利でしょう。海外に比べると日本のIB認定校はまだ少なく、地方の場合は認知度もまだ低いため、情報発信などの地道な努力が大切だと思います。同じエリアに競合校があれば、教育の質をもっと高め合っていけるかもしれません。

この春に巣立った卒業生全員が、IBDPで培った能力をさらに磨き、社会に貢献できる人として成長し続けることを、心から願っています。


【英数学館中・高等学校について】
https://www.eisu-ejs.ac.jp/high/
開校以来、グローバル社会で強く生き抜く力を持った人材育成を目指し、「いくつになっても学び続ける力」、「前向きに物事に取り組み、最後まで諦めずにやり抜く力」そして「自らの価値観、考えを形成する力」に主眼を置いた教育を実践しています。それぞれの目標に見合ったカリキュラムによる効率の良い学習プログラムで、未来を拓く人材を育成輩出します。

【広島加計学園について】
https://www.eisu-ejs.ac.jp/
英数学館中・高等学校の設置母体である学校法人広島加計学園は、1979年に設置認可を受け、翌年4月に英数学館中学校、1994年には英数学館小学校を開校し、小中高12年一貫教育体制の構築を実現。知・徳・体の調和を図る教育によって、国際的な視野を持って地域や社会に貢献し得る人材育成を目標としています。

【本件に関するお問い合わせ先】
学校法人広島加計学園 英数学館中・高等学校 事務室
〒721-8502 広島県福山市引野町980-1
TEL:084-941-4115(代) FAX:084-941-4143



【付帯情報】
・平成30年度 IBDP第1期生 卒業証書授与式
http://itm.news2u.net/items/output/165558/1


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース