札幌のシェアサイクル「ポロクル」2019年営業開始、複合経路検索サービス「mixway」で連携・対応再開

プレスリリース発表元企業:株式会社ヴァル研究所
イメージ画像

「mixway」サービスイメージ

新しい「ポロクル」の電動アシスト自転車と利用イメージ

経路検索サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田 信夫)は2019年4月26日(金)より、札幌市で提供されているシェアサイクル「ポロクル」の2019年シーズンの営業開始にともない、シェアサイクルと公共交通の複合経路検索サービス「mixway(ミクスウェイ)」での連携・対応を再開します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182541/img_182541_1.png

シェアサイクルは、街中に設置された貸出・返却場所(ポート)にある共用の自転車を、必要な時に利用できる新しい移動手段です。2018年6月に閣議決定された「自転車活用推進計画」にも盛り込まれており、全国各地で導入が進んでいます。

ヴァル研究所では2018年5月より、シェアサイクルと公共交通の複合経路検索サービス「mixway」において、札幌市のシェアサイクル「ポロクル」と連携し、鉄道やバスと「ポロクル」を組み合わせた経路検索や、リアルタイム情報(貸出・返却可能台数)の提供を行っていました。

「ポロクル」の冬期の営業休止により「mixway」での連携・対応も休止していましたが、「ポロクル」の2019年シーズンの営業開始にともない、2019年4月26日(金)より再開します。

2019年シーズンより、「ポロクル」は株式会社NTTドコモのシェアサイクルシステムを導入し、電動アシスト自転車など新サービスを展開します。「mixway」での連携、情報発信により、新しくなった「ポロクル」のさらなる利用活性化や、認知拡大を目指します。

ヴァル研究所は今後も次世代モビリティ社会を見据え、多様化する移動の課題解決や利便性向上に向けて、さまざまな企業・団体との連携や、新サービスの開発、実験に取り組んでまいります。

紹介ページ:https://mixway.ekispert.net/lp/porocle_experiment

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/182541/img_182541_2.png

■「ポロクル」について
「ポロクル」は、全国的にも珍しい、特定非営利活動法人が運営するシェアサイクルサービスです。札幌市内中心部に約40ヵ所以上のポート、350台の自転車が設置されており、利用者は累計3万人を突破しています。
2019年シーズンより、株式会社NTTドコモのシェアサイクルシステムを導入し、電動アシスト自転車の採用、予約機能の追加など新たなサービスを展開します。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/182541/img_182541_3.png

表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/182541/table_182541_1.jpg


■「mixway(ミクスウェイ)」について
「mixway」は、鉄道やバスなどの公共交通とシェアサイクルを組み合わせた「経路検索」や、ポートの位置やリアルタイムな空き状況などがわかる「リアルタイムポートマップ」を利用できるスマートフォン向けWebサイトです。
公共交通の経路検索サービス「駅すぱあと」をベースに、シェサイクルを組み込んだ“複合経路検索サービス”として提供しています。
表2: https://www.atpress.ne.jp/releases/182541/table_182541_2.jpg


■株式会社ヴァル研究所について
1988年にMS-DOS版の経路検索システム「駅すぱあと」を発売して以来、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースに法人向け・個人向け製品・サービスを各種展開しており、取引実績は12万社以上です。
近年では公共交通機関に限らず、さまざまな移動手段に対応し、MaaS(Mobility as a Service)分野への取り組みを推進しています。

商号 :株式会社ヴァル研究所
代表取締役:太田 信夫
所在地 :東京都杉並区高円寺北2-3-17
設立年月日:1976年7月26日
資本金 :4,100万円
企業サイト:https://www.val.co.jp/


※記載されている会社名、製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
※仕様や提供内容については予告なく変更となる場合があります。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告