IMAXシアターの劇場体験を家庭で再現する「IMAX(R) Enhanced」に対応、THX(R) Certified Select(TM)を取得したRZシリーズの9.2ch AVレシーバーを発売

プレスリリース発表元企業:オンキヨー&パイオニア株式会社

オンキヨー&パイオニア株式会社(所在地:東京都墨田区、代表取締役社長:宮城 謙二)は、IMAXシアターのクオリティを家庭で再現する新規格「IMAX(R) Enhanced」※1に対応し、7.2.2ch、5.2.4ch環境でDolby Atmos(R)やDTS:X(R)コンテンツをハイパワーで再生する、RZシリーズの9.2ch AVレシーバー「TX-RZ840(B)」を発売します。本機はホームシアターサウンド認定の世界基準である「THX(R) Certified Select(TM)」を取得しています。
発売開始に先立ち、秋葉原の「ONKYO BASE」にて、4月24日(水)から5月7日(火)の期間で本機の先行展示を行い、先行視聴会をヨドバシカメラマルチメディア梅田店で4月27日(土)に、オンキヨー東京オフィス「Room301」では5月11日(土)に行います。ご興味のある方はこの機会にご確認・ご体感ください。




[画像1: https://prtimes.jp/i/13593/159/resize/d13593-159-444478-0.png ]

品名    :AVレシーバー
型番    :TX-RZ840(B)
希望小売価格:148,000円(税別)
発売予定時期:5月中旬

【主な特長】
1)IMAXシアターの劇場体験を家庭で再現する「IMAX(R) Enhanced」対応※1
TX-RZ840は、まるで映画の中にいるような臨場感が体験できるプレミアムシアター「IMAX」のサウンドを家庭で再現する新規格「IMAX Enhanced」に対応します。デジタルリマスタリングされた「IMAX Enhanced」コンテンツの再生に最適化された「IMAX モード」を利用することで、ハリウッドの大ヒット映画からドキュメンタリーまで制作者の意図に忠実にIMAXシアターサウンドの圧倒的な没入感を再現します。

2)ホームシアターサウンド認定の世界基準「THX Certified Select™」を取得
TX-RZ840では、THX社によるホームシアターのサウンド認証を取得しています。この「THX Certified Select」は、映画館特有の臨場感を再現するための細かな基準や規定が体系化されており、THXラボにより2,000項目(14,000箇所)に及ぶテストをクリアしていますので、ご家庭でも映画館に匹敵する迫力の臨場感を体感できます。

3)9chハイパワーアンプ搭載により、様々なスピーカー構成に対応
130W/chの9chハイパワーアンプを搭載し、Dolby Atmos(R)とDTS:X(R)の5.2.4chおよび7.2.2ch環境に対応。さらに5.2.2chと7.2chのフロントバイアンプ接続も可能です。また、11chプリアウト端子も搭載しているため、パワーアンプの追加により7.2.4chのスピーカー構成への発展も可能です。 「Dolby Surround」や「DTS(R) Neural:X」のアップミックス処理によりDolby AtmosやDTS:Xに対応していないソフトも臨場感溢れる立体音響でお楽しみいただけます。

4)バーチャルサラウンドテクノロジー「Dolby Atmos Height Virtualizer※1」搭載
Dolby Atmos Height Virtualizerはトップスピーカーやサラウンドスピーカーの無い環境でも、これらの音像を仮想的に創り出し、Dolby Atmosの没入感のあるサウンドを再現する最新のサラウンド技術です。その他のDolbyフォーマットのソフトもDolby Surroundのアップミックスにより、様々なスピーカーを設置することなく手軽に立体音響を楽しめます。

5)「Dynamic Audio Amplification(ダイナミック・オーディオ・アンプリフィケーション)」 コンセプトに基づく、RZシリーズ独自の力強いスピーカードライブの実現と再現性の向上
RZシリーズのAVレシーバーでは独自のサウンドの強化が施されています。TX-RZ840においては、アナログ電源部には本機用に厳選されたカスタムメイドの電源トランスと15,000μFの大容量コンデンサー2基を採用。5Hzから100kHzの超広帯域再生周波数特性を確保し、安定した大電流供給により、瞬間的な信号変動に追従したスピーカー駆動を実現。4Ω~16Ωのスピーカーに適応し、さらに電源ラインのインピーダンスを下げることで、今まで以上に力強いスピーカードライブが可能となり、瞬間的な爆発音などの低域の迫力が更に増しています。
併せて、位相ズレを防ぐ「ノンフェーズシフト」設計による明確な音像の再現や、パルスノイズを除去するデジタルノイズ除去回路「VLSC」の搭載により細やかな情報を豊かに表現することで、個々の音の存在感や楽曲全体の音場感が向上しています。

6)DSD 11.2MHzネイティブ再生など多様なハイレゾ音源再生に加え、AirPlay 2にも対応したネットワーク機能
WAV/FLAC/AIFF/Apple Losslessファイル形式のハイレゾ音源(192kHz/24bit※2)の再生に加え、DSDファイル11.2MHzのネイティブ再生に対応※3。新たに「AirPlay 2」に対応したことで、iPod touch、iPhone、iPadやiTunes内の音楽やPodcastの再生、複数のAirPlay 2対応機器による完全に同期したマルチルーム再生が可能となりました。

<その他の特長>
・HDMI基板のデジタル回路新規設計により、徹底したノイズ対策を行うことで音の情報量・余韻・奥行感が進化
・802.11ac、MIMOに対応、高速SoCにより安定した高速WiFi通信を実現
・スマートフォンを使って多彩な音楽を楽しめる Chromecast built-in※4対応
・コントロールApp「Onkyo Controller」※5対応
・外部接続した音声もストリーミング再生できるFlareConnect対応※6
・DTS Play-Fi(R)対応
・人の声を明瞭にするボーカルエンハンサー機能
・Zone Bライン出力端子
・BGM利用時に便利なステレオアサインモード
・HDMI接続された機器の映像や音声を別室で再生できるHDMI ZONE2 OUT搭載※7
・新たに最大9地点での測定が可能になった独自の音場設定機能「AccuEQ Advance」に加え、Dolby Atmos
 イネーブルドスピーカーに対応する「AccuReflex」を搭載、リスニング環境の最適化を実現
・eARC(Enhanced ARC)対応

■先行展示と新製品体験イベントのお知らせ
 TX-RZ840の先行展示と5.1.4ch 3Dサウンドや各機能を体験できるイベントを行います。
▼先行展示 4月24日(水)~5月7日(火)11:00~20:00
 場所:東京都千代田区神田須田町1丁目25番地4 mAAch ecute 神田万世橋内 「ONKYO BASE」

▼先行試聴会
1. 4月27日(土) 13:00~14:00 、 14:30~15:30
 場所:ヨドバシカメラマルチメディア梅田店 3階オーディオ売場 〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町1-1
    参加ご希望の方は3Fオーディオコーナーまでお越しください。

2. 5月11日(土) 10:00~11:30 、13:00~14:30
 場所:東京都墨田区横網1-10-5 オンキヨー東京オフィス内 Room301
    参加ご希望の方は以下より申し込みをお願いいたします。お申込みは先着順となります。
    https://www.jp.onkyo.com/audiovisual/housing/room301.htm

【主な仕様】
[画像2: https://prtimes.jp/i/13593/159/resize/d13593-159-115152-1.png ]

※1 ファームウェアのアップデートによる対応となります。アップデートの実施については準備が整い次第、詳細
 な日程や内容については当社Webサイト(http://www.jp.onkyo.com/)でお知らせします。
※2 ネットワーク経由でのApple Losslessファイル形式の再生は96kHz/24bitまでの対応です。
※3 Wi-Fi経由での再生は、すべてのネットワーク環境で保証されているわけではありません。
※4 設定時にソフトウェアをダウンロードして適用することができます。
※5 「Onkyo Music Control App」経由での再生が可能です。
  「Onkyo Music Control App」はApp StoreもしくはGoogle Playから無料でダウンロードできます。
※6 対応する外部入力は機種によって異なります。詳細はこちら(http://www.jp.onkyo.com/flareconnect/)
 でご確認ください。
※7 HDMI入力端子1~3が対応しています。

*Dolby、Dolby Atmos、Dolby Surround, Dolby Vision,ドルビー及びダブルD 記号はドルビーラボラトリーズ
 の登録商標です。
*本機はIMAX Corporation 社からのライセンス契約に基づき製造されています。IMAX(R)は、米国およびその他
 の国におけるIMAX Corporationの登録商標です。版権所有。DTS、そのシンボルおよびDTS とそのシンボル
 マークの組み合わせ、DTS:X およびDTS:X ロゴ、DTS Virtual:XおよびDTS Virtual:X ロゴ、DTS Neural:X
 および the DTS Neural:X ロゴ, Play-Fi および the Play-Fi ロゴは米国および他の国々で登録されたDTS社の
 商標です。
*Apple, iPod touch, iPhone, iPad, iTunes および AirPlay は米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標
 です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
*iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
*HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国における
 HDMI Licensing Administrator, Inc. の商標または、登録商標です。
*Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
*Google、 Google Play、 Chromecast built-in は、 Google LLC の商標です。
*その他の会社名、商品名、技術名、トレードマークおよび商号は、各社の商標または登録商標です。

※ 詳しい製品情報は以下の製品のホームページをご覧ください。
  https://www.jp.onkyo.com/audiovisual/hometheater/txrz840/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 4-dan 絶品チーズバーガー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • GLE 450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル)。(画像:メルセデス・ベンツ日本発表資料より)
  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース