熊本空港特定運営事業等 基本協定書締結について

プレスリリース発表元企業:三井不動産株式会社

三井不動産株式会社を代表企業として、九州電力株式会社、九州産業交通ホールディングス株式会社、株式会社テレビ熊本、株式会社再春館製薬所、九州産交運輸株式会社、双日株式会社、日本空港ビルデング株式会社、株式会社サンケイビル、ANAホールディングス株式会社、日本航空株式会社から構成されるコンソーシアム「MSJA・熊本コンソーシアム」は、2019年3月28日に「熊本空港特定運営事業等」の優先交渉権者に選定され、本日4月22日に国土交通省と基本協定書を締結いたしました。

本事業では、安全・安心な空港運営を行うことを最優先に、東アジアに近接し九州の中心に位置する熊本空港の地理的優位性や、阿蘇・天草をはじめとした豊富な観光資源を活かし、内外交流人口拡大等による熊本空港および周辺地域の活性化を推進することにより、熊本地震からの創造的復興に貢献してまいります。

今後は、2020年4月1日に予定されている空港運営事業の開始に向け、締結した基本協定書に基づき、SPCの設立や実施契約締結の準備を進めてまいります。本事業に関する詳細は、国土交通省 HP(http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk5_000033.html
)をご覧ください。

<事業概要>
事業内容:
・公共施設等の管理者等 : 国土交通大臣

・公共施設等の所在地 : 熊本県上益城郡益城町

・事業期間 : 当初33年+オプション延長15年以内(+不可抗力延長10年以内)

・事業の範囲 : 空港運営等事業、空港航空保安施設運営等事業、環境対策事業、
ビル施設等事業、駐車場施設事業 等

事業主体:コンソーシアム構成企業が出資して設立する特別目的会社(SPC)
コンソーシアム名称:MSJA・熊本コンソーシアム

コンソーシアム構成企業:
三井不動産株式会社、九州電力株式会社、
九州産業交通ホールディングス株式会社、株式会社テレビ熊本、
株式会社再春館製薬所、九州産交運輸株式会社、双日株式会社、
日本空港ビルデング株式会社、株式会社サンケイビル、
ANAホールディングス株式会社、日本航空株式会社


プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース