三菱重工サーマルシステムズが、家庭用エアコンで実証機を開発

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

TOKYO, Apr 18, 2019 - ( JCN Newswire ) - 三菱重工グループの三菱重工サーマルシステムズ株式会社(社長:楠本 馨、本社:東京都港区)は、地球温暖化係数GWP(注1)が極めて低いR454Cを、世界で初めて1馬力級の小型エアコンに採用します。混合冷媒ゆえに熱交換性能に劣るなどの同冷媒が抱える課題を、熱交換器最適流量化技術などの対策により克服したもので、このほど、同冷媒を採用した家庭用エアコンの実証機を開発しました。環境規制の厳しい欧州市場での先行発売を視野に、量産準備を進めていきます。

R454C冷媒は、オゾン層破壊係数がゼロで、CO2の温暖化影響力を1とするGWPは146です。中小型空調機器用冷媒として現在広く使われているR410A(GWP:2090)およびR32(同675)と比べるとそれぞれ約1/14、1/5となっています。本実証機の冷媒による温暖化影響(注2)は、従来機(注3)に比べ91.3%の削減となります。

2016年10月にルワンダの首都キガリ(Kigali)で、オゾン層保護のためのウィーン条約・モントリオール議定書の対象物質として、オゾン層は破壊しないが地球温暖化には悪影響がある代替フロン(HFC)まで段階的に削減する改正(キガリ改正)が行われ、世界を挙げての気候変動防止に向けた取り組みが強化されています。さらに、環境意識の高い欧州連合(EU)諸国は、GWP150以上のHFCを含む地球温暖化物質の販売・使用規制範囲を、2015年以降順次広げています。R454C冷媒を世界で初めて採用した家庭用エアコンの開発は、こうした流れを前向きに受け止め先んじた成果として実現したものといえます。

三菱重工サーマルシステムズは、今後も低GWP冷媒を使った高性能製品の開発・販売に力を注ぎ、グローバル市場での地球環境保全に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/190418.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース