星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳移りゆく光景を眺めながら、心ゆくまでワインを味わうデザイン空間新客室「ワインスイートメゾネット」誕生2019年3月21日(金)販売開始

プレスリリース発表元企業:星野リゾート
【リゾナーレ八ヶ岳】ワインスイートメゾネット2階

【リゾナーレ八ヶ岳】ワインイメージ

【リゾナーレ八ヶ岳】ワインスイートメゾネット平面図

自然豊かな八ヶ岳エリアのリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」では、2019年3月21日に新客室「ワインスイートメゾネット」が誕生しました。今回の新客室は、落ち着いたボルドーカラーを基調にコーディネートされ、ソムリエがセレクトしたワインと新客室限定のワインを収めたワインセラーを設けました。客室からは、雄大な自然と四季折々に変化する全長150mのメインストリート「ピーマン通り」を臨みます。日本屈指のワインの産地で、眺望を楽しみながらワインを心ゆくまで堪能できます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/181853/img_181853_1.jpg

■ 気兼ねなく過ごす、ワインのある心地よい客室。ワインスイートメゾネットの特徴
客室のインテリアは、落ち着いたボルドーカラーを基調にコーディネートしました。高さ7.5mの吹き抜けのあるメゾネットタイプの1階は、雄大な八ヶ岳連峰が壁に描かれた寝室です。フローリングの小上がりに、ベッドとデイベットをしつらえました。2階は、縦横3mの大きな窓から季節ごとにさまざまなイベントを行う全長150mのピーマン通りと、雄大な自然を眺めることができるリビングです。ぐるりと配置したローソファに、サイズの異なる2つのカフェテーブルとクッションを豊富に備えました。最大12本まで収納可能なワインセラーから好きなワインを選び、ゆったりと味わえます。
1階から繋がるグラデーションカラーの壁には、ウォールライトを配置した格子状の飾り棚を設け、ワインや旅に関する書籍と屋外でも利用できるBluetoothスピーカーも用意し、読書や音楽が楽しめます。メゾネットタイプの客室は、ぐっすりと眠る1階と四季折々に変化する部屋からの眺望と共にワインを堪能する2階で、同行者に気兼ねなく好きなときに好きなスタイルで寛げます。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/181853/img_181853_8.jpg

■ 限定ワインも登場。まるでレストランにいるような充実感でワインを味わう
リビングのワインセラーには、山梨県と長野県で造られたワインから季節に合わせてソムリエがセレクトして用意します。中でも、提携ワイナリー「ドメーヌ ミエ・イケノ」のワインは、新客室限定のハーフボトルサイズで提供します。ドメーヌ ミエ・イケノのワインは、標高750mの場所で自然に逆らわない醸造方法で造られた、八ヶ岳の自然をそのまま詰め込んだようなワインです。1本でグラス約3杯分のハーフボトルは、旅先で気軽に飲みきれるサイズです。また、ワイングラスやデキャンタも揃えて、客室でもレストランのような充実感で味わえます。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/181853/img_181853_2.jpg

■ ワイン造りの副産物から生まれたオリジナルの「ワインレザー」
ワインの醸造過程で得た葡萄の搾りかすを染料にした革「ワインレザー」のアイテムを客室に備えています。例えば、ワインリストのブックカバーや、ワインボトルをショルダーバックのスタイルで持ち運べる「ボトルバック」に使用しています。ワインレザーは、ワインの産地だからこそ手にすることができる副産物を活用した当ホテルのオリジナルです。

■ 「ワインスイートメゾネット」
室数:3室(全172室)
定員:5名 面積:約100平方m
料金:1泊朝食付 2名1室1名あたり 32,000円~(税・サ込)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/181853/img_181853_3.jpg
客室間取り 上:2階 下:1階


画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/181853/img_181853_4.jpg
2階窓からの眺望 メインストリート「ピーマン通り」

■ <ご参考>
デザイナー紹介 「KDa クライン ダイサム アーキテクツ」
建築、インテリア、インスタレーションといった複数の分野のデザインを手掛けている建築家ユニット。RCAを修了したアストリッド・クラインとマーク・ダイサムが1991年に東京に設立。国際的評価も高く、様々なクライアントとのプロジェクトに取り組み、注目を集めている。当ホテルでは、2005年にD&AD Awards 2005(英国)Environmental Design & Architecture部門で銀賞を受賞したガーデンチャペル「ZONA」をはじめ、2017年に改装した客室や、ビュッフェ&グリルレストラン「YYgrill」、2018年7月に屋内プール「il mare」にあるキッズエリアのデザインを手掛けています。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/181853/img_181853_5.jpeg

■ 土地のワインを味わい、文化を体験する「ワインリゾート」
リゾナーレ八ヶ岳が目指す「ワインリゾート」とは、ワインが飲めるだけではなく、ワイナリーへの案内やワインに合う食事の提供など、トータルでワインを楽しめる滞在型リゾートです。日本屈指のワイン産地にある施設の立地を活かし、館内施設やアクティビティ、宿泊プランなどワインの魅力に触れる文化体験を提案しています。

■ 新客室限定の2つのサービスが、2019年6月1日よりスタート
1 滞在のスタートにワインを選ぶ。ワインセラーチェックイン
到着後、まずはメインダイニング「OTTO SETTE」にある、2000本の貯蔵を誇るワインセラーで、ソムリエの説明を聞きながらワインを選びます。例えば、記念日を祝う特別な旅には、日本固有品種「甲州種」100%で造られた日本を代表するスパークリングワイン「キザンスパークリング トラディショナルブリュット(機山洋酒、山梨県・甲州市)」がお勧めです。その他にも、料理の好みやその日の気分など、希望に合わせたワインをソムリエと一緒に選びます。ワインは、客室のワインセラーに収めて滞在中の好きなシーンやディナーで味わいます。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/181853/img_181853_6.jpg

2 ワイナリーでの限定サービスも。オリジナルのワイナリーマップ
山梨県と長野県を合わせて120軒以上あるワイナリーから、ソムリエが薦めるワイナリーや、旅程にあわせたルートでワイナリー巡りができるオリジナルのワイナリーマップを用意します。滞在中にすこし足を延ばして向かう長野県塩尻エリアや、帰路の途中で立ち寄れる山梨県勝沼エリアなどを紹介したマップです。来訪先では、醸造家の案内で通常非公開のエリアを見学できるなど、宿泊者限定のサービスを受けることができます。
*来訪先での宿泊者限定サービスはワイナリーによって異なります。
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/181853/img_181853_7.jpg

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳
建築界の巨匠マリオ・ベリーニが手掛けたデザインホテルです。ホテルのメインストリートには、19店舗のセレクトショップが立ち並び、波の出る屋内プールや、本格的イタリア料理のメインダイニングなどを備えています。
所在地 :〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町129-1
電話 :0570-073-055(リゾナーレ予約センター)

客室数 :172室・チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00
料金 :1泊 21,000円~(2名1室利用時1名あたり、税別、朝食付)
アクセス:JR小淵沢駅から車で約5分(無料送迎バスあり)
URL :https://risonare.com/yatsugatake/
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/181853/img_181853_9.jpg


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース