アジア太平洋ナンバーワン決定戦「2018パナソニックオープン」優勝ラヒル・ガンジー(インド)との新規用具使用契約を締結

プレスリリース発表元企業:ヨネックス株式会社
ラヒル・ガンジー 

ラヒル・ガンジー

ヨネックス株式会社(代表取締役社長:林田 草樹)は2018年日本男子ツアー「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」で初優勝したラヒル・ガンジー(インド)とのシャフトを含む用具使用契約を締結致しました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/181991/img_181991_1.jpg

インドのカルカッタ出身のガンジーは、アマチュア時代、インドアマチュアゴルフ選手権優勝や世界アマチュアゴルフ代表など輝かしい実績を残し、2004年にアジアンツアーに初めてフル参戦し、フォルクスワーゲン・マスターズで初優勝を飾りました。2018年に日本・アジア共同主管競技でアジア・太平洋ナンバーワンのゴルファー決定戦と位置づけられるパナソニックオープンで14年ぶりに優勝し、今季の活躍が期待されます。ガンジーは「ヨネックスを選んだ理由は、ドライバーの飛距離とコントロール性、アイアンは操作性が良く、球筋を思うように操れる事がとても気に入ったからです。また、バドミントンやテニスで世界的に有名であり、日本製で品質が高く信頼のおける企業であることも理由の一つです。
今後は私が良いプレーをする事でヨネックスをもっと広めて行きたい。」とコメントしてくれました。ガンジーは今季から「EZONE GTシリーズ」及びヨネックス自社工場製の極薄多積層カーボンシャフト「REXIS KAIZA(レクシス カイザ)」を選び、アイアンはG-BRID構造搭載の「EZONE CB 301」「EZONE CB 501」「EZONE W 501」を使用してツアーを戦います。弊社といたしましては、今後もトッププロの要望に応えるゴルフクラブ及びシャフト開発を推し進め、契約選手への全面的なバックアップを行って参ります。

<プロフィール>
【氏 名】ラヒル・ガンジー
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/181991/img_181991_2.jpg
【生年月日】1978年10月2日
【身 長】165cm
【出 身 地】インド・カルカッタ
【ゴルフ歴】9歳~









【主な成績】2004年 フォルクスワーゲン・マスターズ優勝(アジアツアー)
2018年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ優勝(日本ツアー)
<契約内容>
【使用契約用具】
ゴルフクラブ、シャフト、キャディバッグ、キャップ
【契約地域】
ワールドワイド
<使用予定用具>
ドライバー:EZONE GT
シャフト:REXIS KAIZA-L
アイアン:EZONE CB 501(#4~6)
EZONE CB 301(#7~PW)
ウエッジ:EZONE W 501





詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース