「こどもラグビーワールドフェスティバル2019 Supported by三菱地所グループ」開催

プレスリリース発表元企業:三菱地所株式会社

~世界の子どもたちによるラグビーを通じた国際交流を支援~

 三菱地所株式会社は、2019年4月17日~4月22日に、「日産スタジアム」他で開催される「こどもラグビーワールドフェスティバル2019 Supported by三菱地所グループ」のメインスポンサーに決定しましたのでお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/16002/31/resize/d16002-31-137621-0.jpg ]



 本フェスティバルは、ラグビーワールドカップ2019TM日本大会(以下、「ラグビーワールドカップ2019」)の決勝戦開催の地となる横浜国際総合競技場(日産スタジアム)において、日本を含む世界の7カ国の子どもたちが、ラグビーの試合等を通じて国際交流を深めるイベントです。

 当社は、本フェスティバルの協賛を通じて、国や地域を超えた子どもたちの国際交流や神奈川・横浜におけるラグビーの普及を支援し、社会貢献の一助を果たすと共に、ラグビーワールドカップ2019オフィシャルスポンサーとして、大会開催地である神奈川・横浜の機運醸成に一層貢献して参ります。


■本フェスティバル概要
日   程:2019年4月17日(水)~4月22日(月)
会    場:日産スタジアム 他
参 加 国 数:7カ国
       (オーストラリア、イングランド、インドネシア、
       イタリア、ニュージーランド、スコットランド、日本)
参 加 者 数:約150名(子どもたち、コーチ等を含む)
       ※神奈川県内ラグビースクールを含めると約450名
参加対象年齢:12歳以下
主    催:公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
       こどもラグビーワールドフェスティバル2019組織委員会
共    催:神奈川県、横浜市
協    賛:当社(メインスポンサー) 他
       ※他協賛企業は下記を参照下さい


[画像2: https://prtimes.jp/i/16002/31/resize/d16002-31-908546-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/16002/31/resize/d16002-31-184639-2.jpg ]

TM(C)Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.


■協賛企業一覧
<メインスポンサー>
三菱地所株式会社

<スポンサー>
日揮株式会社
サントリーホールディングス株式会社
株式会社JVCケンウッド
ソシエテ・ジェネラル
株式会社ダイフク
株式会社ドーム
八十島プロシード株式会社
株式会社オーファ
株式会社クオカード
神鋼不動産株式会社
株式会社LEOC
株式会社横浜銀行


■日程等
(日付)  (時間等) (内容)         (場所)
4月17日(水) 終日   各チーム入国         ―
4月18日(木) 午前   観光             横浜ランドマークタワー等
       午後   練習、交流          公文国際学園
        夜    ウェルカムパーティー     宿泊場所
4月19日(金) 午前   練習            保土ケ谷ラグビー場
       午後    観光            八景島
            交流            関東学院六浦中学校・高等学校
4月20日(土) 終日   ラグビー交流【試合】     日産スタジアム
4月21日(日) 午前   ラグビー交流【試合】    日産スタジアム
        午後   ラグビー交流【クリニック】 日産スタジアム
        夜    フェアウェルパーティー   (未定)
4月22日(月) 終日    各チーム出国

※4月20日及び21日の日産スタジアムについては、一般観戦可能です。(入場無料)

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース