英イリカ社、医療技術分野向け全固体電池の小型化技術を開発 小型化と安全性が最重要である医療分野で新しいイノベーションを可能にするmmスケールの電池技術の開発

プレスリリース発表元企業:イリカ
英イリカ社、医療技術分野向け全固体電池の小型化技術を開発 小型化と安全性が最重要である医療分野で新しいイノベーションを可能にするmmスケールの電池技術の開発

英イリカ社、医療技術分野向け全固体電池の小型化技術を開発 小型化と安全性が最重要である医療分野で新しいイノベーションを可能にするmmスケールの電池技術の開発

英イリカ社、医療技術分野向け全固体電池の小型化技術を開発 小型化と安全性が最重要である医療分野で新しいイノベーションを可能にするmmスケールの電池技術の開発


(英国ロンドン- 2019年4月10日)全固体電池技術のパイオニア企業であるIlika plc (イリカ社:本社英国サウサンプトン市)は、医療インプラント用のStereax® M50 という全固体電池技術を開発したと発表しました。Stereax® M50は全固体電池に新しいレベルのmmスケールの小型化をもたらします。また従来の電池技術では限界のあった医療機器のイノベーションを可能にする形状(フォームファクター)が選択できるようになります。



英イリカ社、医療技術分野向け全固体電池の小型化技術を開発

~ 小型化と安全性が最重要である医療分野において

新しいイノベーションを可能にするmmスケールの電池技術の開発 ~

(英国ロンドン- 2019年4月10日)全固体電池技術のパイオニア企業であるIlika plc (イリカ社:本社英国サウサンプトン市)は、医療インプラント用のStereax® M50 という全固体電池技術を開発したと発表しました。Stereax® M50は全固体電池に新しいレベルのmmスケールの小型化をもたらします。また従来の電池技術では限界のあった医療機器のイノベーションを可能にする形状(フォームファクター)が選択できるようになります。


「インプラント(身体に埋め込む)医療機器にとって、患者の生活の質を改善するため日々高度化する装置からの、無線のデータ伝送を可能にする、小型で長寿命の電源の必要性がますます高まっています」と、Endotronix社(http://endotronix.com/) の最高技術責任者であるMike Nagyはコメントしています。同社は、肺動脈圧モニタリング技術のパイオニア企業です。


医療技術は電池技術にとって最も困難でチャレンジングな分野の一つです。電池は、患者を拘束しないやり方でインプラント機器(身体に埋め込んだ機器)の充電を可能にし、また存在を感じさせないほど十分に小型である必要があります。更に、電池は、外科的手法を繰り返すリスクを避けるためにできる限り長寿命であり、また、漏電のリスクを回避するために生体適合性がある必要があります。各装置への適用には様々なサイズと形状を必要とする場合もありますが、これらの課題は今、Stereax® M50によって解決できる可能性が高まっています。Stereax® M50は、mm単位までの小型化が可能で、用途に応じた様々なサイズと形状に対応するカスタマイズが可能です。これらの技術によって、血流への注入、心臓リズムの監視、あるいは神経刺激のために末梢神経系に埋め込むことなどが求められるインプラント機器が実現可能になります。また、この電池は、定期的な交換や不便な配線を必要としない自律型の電源を可能にします。


標準的なリチウムイオン電池と比べて、Stereax® M50全固定電池は、最大10年(最大5倍)の長寿命と低いリーク電流(10分の1)という特徴をもち、低電力のワイヤレス充電に適したものとなっています。Stereax® M50はまた、他の電子部品と集積して、端末医療装置をできる限り小型化することを可能にします。Stereax® M50は、他の市販の全固体電池と比べて、50%も密度が増大した最先端のエネルギー密度を生み出します。


「広範な最終用途に対応するために、Stereax® 製品群は成長を続けています。電池技術にとって医療用途は最も要求の高い分野の一つです」と、イリカのCEOであるGraeme Purdyは述べています。「Stereax® M50は、生活を向上させる医療機器の新たな扉を開く、より小型で、より安全で、より長寿命の電池と言えます。」


Ilika社について

イリカ社 (LON: IKA)は、材料革新の分野及び全固体電池技術におけるパイオニア企業です。同社は自動車、航空機、電子部品などエネルギーやエレクトロニクス市場向けの新材料開発の分野において10年以上に渡って多くの研究開発を行い、実績を挙げてきました。

同社のStreax® 全固体電池は、従来、厳しい産業環境から医療用インプラントにわたる用途に使用されるワイヤレスセンサに電力供給するための小型電池が主体でしたが、同社は最近、そのロードマップを、自動車の動力供給に適した、より大型のセルの開発にまで拡張しました。Stereax® 製品は、世界中の顧客 との協業に使用している、ユニークな高スループット材料開発プラットフォームを駆使して開発されています。このプラットフォームは、従来の技術と比べて最大100倍も速く機能材料を製造、評価および試験することを可能にしており、強力なデータベースを構築することにより、知的財産の価値を強化し、製品性能を最適化し、市場に出るまでの時間を短縮しています。Stereax® 電池技術IP群は、従来のリチウムイオン電池と比べて、より大きなエネルギー密度を提供するより小さな設置面積、非毒性、急速充電、サイクル寿命の増大、低リークおよび低可燃性などの、強力な利点を有しています。また、イリカ社はいつでもどこでも「フィット・ワンス・アンド・フォゲット」(取り付け後放置可能)な電力源を提供することで、設計者及びエンジニアのためのエネルギー源の制約を排除し、コネクティッドな世界の構築をサポートしています。同社は英国に本社を置き、米国、中国および日本で事業を展開しています。さらなる情報は www.ilika.com をご覧ください。


Stereax M50 の特徴

超薄型形状因子

設置面積が小さい

生体適合性のパッケージング

カスタマイズ可能な形とサイズ

急速充電

エネルギー密度を高めるために積層可能

全固体構造

数千サイクル回数

低自己放電

遊離リチウムなし


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTMyMyMyMTkxOTgjNjEzMjNfZHFJclpRUnNscC5wbmc.png ]


このリリースに関するお問い合わせ先

イリカ社 シニアディレクター 古山 透(とおる)

Tel: 080-5024-5051

tohru.furuyama@ilika.com





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 4-dan 絶品チーズバーガー。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • GLE 450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル)。(画像:メルセデス・ベンツ日本発表資料より)
  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース