PIVOTフィンテック、資本市場サービスの免許をシンガポール通貨監督庁から取得

プレスリリース発表元企業:PIVOT Fintech Pte. Ltd.
PIVOTフィンテック、資本市場サービスの免許をシンガポール通貨監督庁から取得

AI駆動型ウェルス・マネジメント・サービスの消費者へのダイレクトな提供が可能に

(シンガポール)- ピンテック・テクノロジー・ホールディングス(PINTEC、NASDAQ:PT)とFWDグループが支援するデジタル・ウェルス・マネジメント技術サービス・ベンチャーのPIVOTフィンテックは本日、資本市場サービス(CMS)の免許をシンガポール通貨監督庁(MAS)から取得したと発表しました。

PIVOTのCMS免許は、デジタル助言サービスの提供に関するMASガイドラインが最近2018年10月8日に発行された後に付与されたものであり、リテール顧客を対象にAI駆動型の投資サービスを直接提供することが可能になりました。

「このシンガポールでの重要な成果は、東南アジアに革新的なウェルス・マネジメントのソリューションを提供するというPIVOTの大きな目標に向けた第一歩です」と、金融包摂を推進するためにPIVOT独自のゲーム化リスク・プロファイリング・アナリティクスを作り上げたPIVOT最高経営責任者(CEO)のVictor Lyeは語っています。

PIVOTの中心的株主であるPINTECは、競争が激しい中国市場でAI駆動型のグローバル資産配分および資金管理サービスを金融機関に提供する業務で技術力と専門能力を証明してきました。PIVOT独自のリスク・プロファイリング・アナリティクスとクライアント登録ポータルをPINTECのAI技術と組み合わせることで、PIVOTは、機械学習AIを利用した独自のエンドツーエンドのデジタル投資運用サービスを開発しました。

PIVOTの消費者向けブランドの「SquirrelSave」は、上場投資信託(ETF)で構成されるAI駆動型のリアルタイム・モデル・ポートフォリオを使用した資産配分ソリューションと24時間365日のアナリティクスを設計しており、これは常に各投資家固有のリスク・プロファイルに従って運用されます。

「機械学習AIは、投資のリアルタイムのリスク・リターン特性を人間よりも効率的に追跡して予測することができます。SquirrelSaveは、専門性、健全性、価値、客観性、透明性を大切にして、既存投資家のリスク管理のニーズに対応し、これまでサービスが提供されてこなかった人々や限られたサービスしか受けられなかった人々のニーズに応えます。このCMS免許による消費者市場へのPIVOTの参入は、建設的破壊を通じた金融包摂という当社のビジョンを支え、フィンテック・イノベーションのハブになるというシンガポールのビジョンを支援します」と、Victor Lyeは語っています。

戦略的には、PIVOTは、PINTECの中国とシンガポールでのフィンテックの発展におけるAI駆動方式への幅広い経験を橋渡しするものとなります。PIVOTにとっての短期的目標は、シンガポールの教育機関と協力して地元のAI人材プールを育成することです。

PINTECのAI駆動型資産配分システムのブランド名は、中国では「POLARIS」となっています。2016年6月に立ち上げられたPOLARISは、民生証券、鄭州銀行、国元証券といった中国の有力金融機関のために機械学習AIの実装を実施してきました。

PINTECのウェルス・マネジメント事業最高経営責任者(CEO)のZheng Yudongは、このように述べています。「PINTECでは、当社の資産配分アルゴリズムによってシンガポールでのPIVOTの成長を支援できることをうれしく思います。このアルゴリズムは、低コストで透明性が高くリスク管理された長期投資ポートフォリオのための高まる需要に応えるために、厳格なテストと規制準拠の基準に合格しています。」

「中心的株主として、PINTECは、シンガポールでのCMS免許がもたらす機会に期待しており、東南アジア全体で人工知能と機械学習が実現するデジタル・ウェルス・マネジメント・テクノロジーのサービスを提供するというPIVOTのミッションを引き続き支えていきます。」

PIVOTフィンテックについて

シンガポールのPIVOTフィンテックは、起業家のVictor LyeとPINTECグループ(www.pintec.com)によって2017年10月に立ち上げられました。事業内容は、AIと機械学習を活用して東南アジア全体でB2BとB2Cのデジタル・ウェルス・マネジメント・テクノロジーのサービスを提供することです。PIVOTは、PINTECの中国外で初のベンチャー事業であり、アジア全域を対象とする生命保険会社を保有するFWDグループとエンジェル投資家の支援も受けています。

詳細情報については、www.pivotfintech.comをご覧ください。

PINTECについて

PINTECは、中国で金融サービスを支える独立系有力技術プラットフォームです。オープンなプラットフォームで企業と金融パートナーを結びつけることで、PINTECは、金融サービスをエンドユーザーに効率よく効果的に提供することを可能にしています。当社は、パートナー各社にカスタマイズされたフルサービスのソリューションを提供しており、販売時点ファイナンシングや個人割賦ローン、企業割賦ローンから、ウェルス・マネジメントや保険商品まで幅広いサービスを提供しています。拡張性と信頼性が高い技術インフラを活用することで、PINTECは、幅広い産業に対応しています。例えば、オンライン旅行業、eコマース、通信、オンライン教育、SaaSプラットフォーム、金融技術、インターネット検索、オンライン広告、オンライン会社一覧のほか、銀行、ブローカー、保険会社、投資ファンド、トラスト、消費者金融企業、ピアツーピア・プラットフォーム、その他の多様なタイプの金融パートナーにも対応しています。

詳細情報については、www.pintec.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190326005554/ja/

連絡先
Media:
PINTEC
Annie He
Phone:+86 (10) 8564-3436
yini.he@pintec.com ICR Inc.
Edmond Lococo
Phone: +86 (10) 6583-7510
Edmond.Lococo@icrinc.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース