阪急阪神グループの梅田エリア6商業施設で利用できる外国人旅行客向けの共通クーポン券を4月1日(月)から発行します!~ 梅田エリアへのインバウンド施策を強化します ~

プレスリリース発表元企業:阪急阪神不動産株式会社
券面デザイン(イメージ)

券面デザイン(イメージ)

共通クーポン券 概要

阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、社長:若林常夫)、阪急阪神ビルマネジメント株式会社(本社:大阪市北区、社長:出崎(*)弘)及び大阪ダイヤモンド地下街株式会社(本社:大阪市北区、社長:岸本明)では、梅田エリアへの外国人旅行客の更なる誘致を図るため、阪急阪神グループが運営・管理する梅田エリアを代表する6つの商業施設で共通利用できる外国人旅行客向けの共通クーポン券を4月1日(月)から発行します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/180496/img_180496_2.jpg
このクーポン券は、3,000円(税込み)以上ご利用の外国人旅行客が、クーポン券を利用すると500円の割引を受けることができるというものです。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/180496/img_180496_3.jpg
また、合わせて、現在開設している梅田エリア6商業施設の外国人旅行者向けの共通ホームページを、4月1日(月)午後(予定)にリニューアルします。更に快適に楽しく梅田エリアを楽しんでいただけるよう、コンテンツの追加等を行い、より魅力的なホームページを目指していきます。
[PREMIUM STYLE IN OSAKA UMEDA Shopping]
URL https://umeda-sc.jp/en/
※4ヵ国語対応(英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語、タイ語)

このほか、現在、阪急阪神ホールディングスグループが運営・管理する梅田を中心とした商業施設に、モバイル決済サービス「Alipay(支付宝/アリペイ)」、「WeChat Pay(微信支付/ウィーチャットペイ)」の導入を引き続き進めてまいります。
阪急阪神ホールディングスグループでは、今後も梅田を中心とした施設への外国人旅行客の誘致に向けた施策を講じ、より満足に過ごしていただけるサービスの提供を目指してまいります。



阪急阪神不動産株式会社 https://www.hhp.co.jp/

阪急阪神ビルマネジメント株式会社 https://www.hhbm.hankyu-hanshin.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6699_ecf685652e08df0f9c23590cc3710be0e634f904.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 国内で販売を終了する「パジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • 「かるびマック」(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース