【累計40万部突破!】『樹木希林 120の遺言』樹木さんのように生きたいと共感の声、続々!

プレスリリース発表元企業:株式会社 宝島社



[画像1: https://prtimes.jp/i/5069/827/resize/d5069-827-709400-1.jpg ]



 株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一 本社:東京都千代田区)が刊行した書籍『樹木希林120の遺言』(2019年1月28日発売)は、発売から1ヵ月半で累計発行部数40万部を突破しました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/5069/827/resize/d5069-827-453600-0.jpg ]


 本書は、樹木希林さんの生前の言葉を集めた名言集です。樹木さんが30歳で結婚したときの言葉や、45歳で事務所から独立したときの言葉、がん発覚後に開いた会見での言葉など、テレビや雑誌、専門誌のほか、今では入手困難なフリーペーパーでの発言まで網羅し、厳選した120の言葉を収録。 「生」「病」「老」「人」「絆」「家」「務」「死」の全8章から構成されており、あらゆる人生の局面に通じる普遍的な言葉を収録しています。


 先日発表された「理想的な歳の重ね方をしている女性有名人」の1位に樹木希林さんが選ばれており(※)、
本書にも、 「自分もこのように生きたい」 「樹木希林さんの言葉に勇気付けられた」などのコメントが読者から
寄せられ、女性を中心に世代を超えて共感を呼んでいます。

==============================
☆☆☆共感の声、続々!☆☆☆


[画像3: https://prtimes.jp/i/5069/827/resize/d5069-827-709400-1.jpg ]

▼ページをめくるごとに、気持ちが「シャン」とする。
(60代女性)
▼「年を取るのも悪くないな」。
そんなふうに実感できたのは初めてのことです。
(40代女性)
▼自分自身の「トリセツ」をよく心得ていたからこそ、
穏やかに、潔く、人生を生き切った人なのではないでしょうか。
(20代女性)
▼出産を間近に控え不安な気持ちでいっぱいでしたが、
それも「面白がってみよう」と、とても前向きな気持ちになれました。
(30代女性)
▼樹木さんの潔い個性が、外面ばかり気にする現代人の心に突き刺さる。
(50代男性)

==============================
☆☆☆佐々木 宏さんコメント☆☆☆


[画像4: https://prtimes.jp/i/5069/827/resize/d5069-827-920954-7.png ]

弱いところ、恥ずかしいところ、
ワイドショーなところ、
とにかく、全身がセンスとトンチの塊みたいな方でした。
言葉だけ抜き出すと 名言金言に見えますが、本当は、茶目っ気と意地悪少々、時間ですよ!のハマさん風な井戸端会議から、皆、生まれている。たぶん。
だけど、それが、素晴らしい。
最優秀女優賞な希林さんより、CMでバカな役率先してやる樹木さんを
ま、尊敬して、惚れてました。
なーに真に受けてるのよ、と
ひっぱたかれそうですが

スポンサードリンク

広告