2019-03-11 11:11:01

上級者お断りのロボットコンテスト!?豊田市で一番ハードルが低いロボットコンテスト『ヘボコン』を実施!!(3月16日(土)~3月17日(日))

プレスリリース発表元企業:株式会社qutori



[画像1: https://prtimes.jp/i/40660/5/resize/d40660-5-571866-2.png ]

初心者も簡単に参加ができるロボットコンテストを通してものづくりをより身近に感じてもらいたい。そんな思いから、現在世界25カ国で行われて自作の「自称・ロボット」を持ち寄り無理やりロボットバトルをするという大人も子供も楽しめるイベント『ヘボコン』を愛知県豊田市にて行うことが決定!

豊田市は、スマートシティの実現に向けてSENTANやエコフルタウンなど先端技術の活用と展示の場を整備し、企業や大学と連携した様々な先端技術の活用に取り組んでいる都市です。
そんな先端技術によるものづくりのまち豊田市で、みんなが作ったロボット同士で相撲を取るという取り組みを行う事となりました。


[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=YCx_scvzxNY ]

ヘボコンの様子
[画像2: https://prtimes.jp/i/40660/5/resize/d40660-5-977078-0.jpg ]

平成31年3月16日及び当日17日の開始時刻(15時)までは工房をオープンスペース兼パーツショップとして開放しましてワークショップを行います。
飛び入り参加も大歓迎のイベントとなっており、様々な方々にご参加していただけるイベントとなっております。

◎当日の大会についてはヘボコン公式ルールにのっとり行います。
https://backnumber.dailyportalz.jp/hebocon/rules.htm

新しいテクノロジーに興味がある方、ロボット作りに興味をお持ちの方、作ってみたものをみんなに見せる機会が欲しい方、春休みの思い出づくりをしたい方、子どもにロボットづくりの体験をさせたいご家族の方など多くの方に足を運んでいただきたく、ぜひ貴媒体にて、ご紹介いただけますようお願い致します。

[画像3: https://prtimes.jp/i/40660/5/resize/d40660-5-389580-1.jpg ]


■ 実施概要
名称:とよたヘボコン
会期:
平成31年3月16日(土)12:00~17:00(ロボット作りスペースとして開放)
平成31年3月17日(日)10:00~17:00(10時から14時まではロボット作りスペースとして開放)
大会は15時から開始
会場:
16日:ものづくり創造拠点 SENTAN(センタン) 1階工作スペース
17日:ものづくり創造拠点 SENTAN(センタン) 1階工作スペース(当日準備スペース)、2階交流室(コンテスト会場)
主催:『とよたプロモ部』
共催:株式会社qutori
入場料:無料

申し込み方法:
1.Peatixより受付(推奨)
https://toyotahebocon.peatix.com/
2.会場にて受付
※可能な限り対応いたしますが、先着順となりますのでPeatixからのお申込みを推奨させていただきます。

■ ヘボコンについて
ヘボコンとは、技術力の低い人のためのロボット相撲大会です。まともに動かない、できの悪いロボットばかりが集まり、おぼつかない足取りでなんとか戦います。

知る限り世界で唯一の、ロボットを作る技術を持たない人が表彰されるロボットコンテストです。
ヘボコンは2014 年に、ヘボコンマスター・石川大樹が企画し、7 月19 日に日本の東京で第1 回を開催しました。その年の文化庁メディア芸術祭の審査員推薦作品に選ばれたのをきっかけに各国のメディアに取り上げられ、いま世界中に広がろうとしています。

ヘボコンの「ヘボ」は、日本語の「ヘボい」からきています。
現在その活動は世界に広がっており、今では25か国以上の国々で行われており、2016年には初のワールドチャンピオンシップが開催された。
[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=m0cfO6lcUPA ]



PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告