「ゼクシオ テン」 ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンが2018年国内年間店頭販売数量・金額シェアNo.1※1!

プレスリリース発表元企業:住友ゴム工業株式会社
ゼクシオテン

ゼクシオテンロゴ

ゼクシオクロスロゴ

住友ゴム工業(株)が展開する「ゼクシオ テン」ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンが、2018年国内年間店頭販売数量・金額でシェアNo.1※1を獲得しました。またあわせて「ゼクシオ」 シリーズ※3としてもウッド・アイアンの合計販売金額でシェアNo.1※1となり、初代モデル発売の2000年以来、19年連続No.1※4となりました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/179088/img_179088_1.jpg
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/179088/img_179088_2.jpg
ゼクシオは「飛び」、「打ちやすさ」、「爽快な打球音」という初代から継承される特長に加えて、MADE IN JAPANの安定した高品質、自社シャフト生産によるクラブトータルでの完成度の高さにより、長年にわたって多くのユーザーの支持をいただいてきました。

現行モデルの「ゼクシオ テン」も反発性能を最大限に高めたフェースと、打点を芯に集めるシャフトの組み合わせが生み出す「飛びの芯食い体験」によりご好評をいただいています。またメンズモデルに加え、「ゼクシオ レディス」も高いシェアを獲得し、「ゼクシオ テン」並びに「ゼクシオ」シリーズのNo.1獲得に大きく貢献しました。

3月9日にはゼクシオシリーズとしては平成最後のモデルとなる、ストロングロフトタイプで驚異の飛距離を生み出す「ゼクシオ クロス アイアン」と、軽量長尺設計の高級モデルNEW「ゼクシオ プライム」シリーズの2モデルが新たに登場。ゼクシオシ
リーズはこれからもゴルファーの皆様がよりゴルフを楽しめるクラブを提供していきます。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/179088/img_179088_3.jpg
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/179088/img_179088_4.jpg



画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/179088/img_179088_5.jpg
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/179088/img_179088_6.jpg

※1 全国主要小売店店頭販売実績集計 「YPSゴルフデータ(2018年1-12月累計)」矢野経済研究所調べ
※2 平成30年1月1日から平成30年12月31日までの期間を指す。
※3 「ゼクシオ」、「ゼクシオ プライム」、「ゼクシオ フォージド」、「ゼクシオ レディス」、その他ゼクシオ関連クラブ(ゼクシオウエッジ、パター等)の総称。
※4 全国主要小売店店頭販売実績集計 「YPSゴルフデータ(2000年-2018年累計)」矢野経済研究所調べ




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース