より刺激が強く、炭酸が持続する、進化した無糖・強炭酸水「ザ・タンサン・ストロング」「ザ・タンサン・レモン」が3月11日(月)よりリニューアル

プレスリリース発表元企業:日本コカ・コーラ株式会社

怒涛の水しぶきで強炭酸を体現したビジネスマン・竹内涼真さんの新CMが同日より全国で放映開始

コカ・コーラシステムは、大人のための炭酸飲料「カナダドライ」ブランドの無糖・強炭酸水「ザ・タンサン・ストロング」と「ザ・タンサン・レモン」を、より刺激が強く、より炭酸が持続する新処方にリニューアルして3月11日(月)から全国で発売します。これに伴い、俳優・竹内涼真さんがビジネスマン姿で進化した強炭酸を体現した新CM 『ザ・タンサン BANG! 篇』(15秒)を2019年3月11日(月)より全国放映します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/1735/316/resize/d1735-316-872575-0.jpg ]

 今回、「ザ・タンサン・ストロング」と「ザ・タンサン・レモン」は、日本コカ・コーラ史上最高のガスボリューム*とミネラル成分の種類・配合量の見直しにより、さらに刺激が強く、炭酸が持続する、ゼロカロリー・無糖・ノンカフェインの強炭酸水に進化いたしました。コカ・コーラシステム独自の厳しい基準(マルチバリアシステム)で管理した水を使用するとともに、炭酸ガスまでろ過を重ねて磨きあげることで、キレのある炭酸のおいしさも追求しました。

 3月11日(月)より全国放映するCMには、昨年に引き続き、「カナダドライ アンバサダー」の竹内涼真さんを起用。ビジネスマンの竹内涼真さんが一日の様々なシーンにおいて、「ザ・タンサン」を飲むことでリフレッシュでき、前向きに切り替えてくれる爽快感をリズミカルに表現しています。また、ペットボトル開栓時の“BANG!”という音とポップなイラストとともに、激しい水しぶきに包まれながら「ザ・タンサン」を味わう竹内さんを描くことで、進化した強炭酸を印象付けています。

*日本コカ・コーラ 490ml PET製品の充填時ガスボリュームにおいて過去最高 2018年10月時点

■新CM 『ザ・タンサン BANG! 篇(15秒) CMストーリー
 “BANG!”という開栓音を表現したポップなイラストと、「さらに強い刺激へ」という竹内さんのナレーションから始まり、スーツ姿のビジネスマン・竹内さんが登場。リズミカルな楽曲に合わせて、朝のオフィス、同僚とのランチタイム、そして、ジムでのトレーニング後とテンポよくシーンが切り替わります。それぞれのシーンにおいて、竹内さんが“BANG!”と勢いよく「ザ・タンサン・ストロング」を開栓し、豪快にゴクっと一口飲むたびに、爽快感でスカっとした表情を浮かべます。同時に、激しい水しぶきを浴びながら進化した強炭酸の刺激を全身で体現しています。

■CM撮影エピソード
 ビジネスマンの一日を描いた本CMでは、スーツ姿やジムでのトレーニング姿の竹内涼真さんがそれぞれのシーンに合わせて、豪快に「ザ・タンサン」を飲みながら、飲む度に爽快にリフレッシュする前向きなビジネスマンを演じました。また、炭酸水しぶきを浴びるシーンは、前回のCMで経験をしている竹内さんですが、装置の前に立つとやはり少し緊張した様子。最初に撮影したスーツ姿で水しぶきを浴びるシーンは、まさかの一発OK! これには、本人も驚いた表情を見せました。シーンごとに10回以上も水しぶきを浴び、ずぶ濡れになりながらも、楽しそうに繰り返し撮影に挑んでくれました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/1735/316/resize/d1735-316-696097-1.png ]

■竹内涼真さんインタビュー

-新しく進化した「ザ・タンサン」を飲んでどのような印象ですか?
 前回よりも喉に入れた時の弾けるシュワっとする時間が長く、より炭酸を感じられる気がします。炭酸好きの人にはたまらないと思います。僕は、炭酸の気泡が荒いとごくごく飲めないのであまり得意ではないですが、「ザ・タンサン」は、気泡がきめ細かいので、炭酸が強くても飲めるんですよね。そこが、「ザ・タンサン」の一番の魅力だと思います。

-「ザ・タンサン」が発売されてから1年を迎え、強炭酸の刺激も進化して新たに発売されますが、この1年を振り返って竹内さんが進化(成長)したなと思うことは何ですか?
 年を重ねていく毎に、よりお仕事を楽しめるようになってきています。これは、自分の中でも良いことだなと思っています。また、前回撮影した時(1年前)よりも、ふた回りくらい体が大きくなっています。(笑)役作りもあるのですが、体重も多分10kgくらい違うので、体の改造という意味では進化しているのではないかなと思います。

 また、竹内さん自身が進化し続けるために心がけていることとして、仕事において、「現状に満足しないこと」「もうちょっとできたな、という感覚を常に持つこと」などが挙げられ、仕事に対して真剣な姿勢がうかがえました。さらに、新生活が始まる季節ということで、新社会人に向けて、「自分のやっていることを楽しもう」など、竹内さん自身の経験も交えながらメッセージをいただきました。

■パッケージグラフィック リニューアル
 パッケージグラフィックは、大胆でストレートな書体で「THE TANSAN」の強炭酸の力強さを表現し、立ち昇る繊細な気泡はおいしさを印象づけています。また、無糖の強炭酸水という製品特性の視認性を向上しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/1735/316/resize/d1735-316-964300-6.png ]

■製品概要
・製品名 : カナダドライ ザ・タンサン・ストロング
・品名 : 炭酸飲料
・原材料名 : 炭酸、クエン酸Na
・栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー0kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0g、糖類0g、食塩相当量0g、カフェイン0mg
・パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜):490ml PETボトル/121円、250ml缶/93円、160ml缶/58円

・製品名 : カナダドライ ザ・タンサン・レモン
・品名 : 炭酸飲料
・原材料名 : レモン果汁、レモンエキス/炭酸、香料、酸化防止剤(ビタミンC)、酸味料
・栄養成分表示(100ml当たり):エネルギー0kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物0g、糖類0g、食塩相当量0g、カフェイン0mg
・パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税抜): 490ml PETボトル/121円、250ml缶/93円
・発売日 : 2019年3月11日(月)
・販売地域 : 全国
・URL : the-tansan.jp

「カナダドライ」ブランドについて
1904年にカナダで誕生し、110年以上の伝統を持つ「カナダドライ」ブランドは、強い刺激と上質な炭酸の気泡が特徴で、その飲みやすさから30~40代のこだわりある大人層の方々に高く支持されています。主力製品の「カナダドライ ジンジャーエール」は、甘さを抑えたドライな飲み口で「気軽に飲める」「日中のさまざまな場面に合う」「食事にも合う」と、大人の日常的な飲み物として定着しています。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース