手洗いを衛生的にしたい dyson airblade(TM) ハンドドライヤー3機種2019年3月5日(火)から販売開始

プレスリリース発表元企業:株式会社キャプテンインダストリーズ
dyson airblade(TM) V

dyson airblade(TM) Wash+Dry

dyson airblade(TM) dB

世界各地から主に工業・産業用機械部品や各種ツール・ソフトウェアを輸入販売する株式会社キャプテンインダストリーズ(東京本社:東京都江戸川区、取締役社長:山下 宏)は、dyson airblade(TM)取扱店としてHEPAフィルター搭載で衛生的なハンドドライヤー dyson airblade(TM) Vをはじめ3機種を2019年3月5日(火)から国内販売を開始するとともに東京ビッグサイトで開催される「ライティング・フェア2019」当社ブースで公開いたします。当社販売のLED照明機器と同様に全国の建築・設計事務所、ビルメンテナンス会社などの販路を開拓し初年度でのべ300台の販売を目指します。

dyson airblade(TM) ハンドドライヤー
URL: https://www.capind.co.jp/product/detail.php?id=176

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/178291/LL_img_178291_1.jpg
dyson airblade(TM) V

■販売背景
通常のハンドドライヤーはモーターの風圧の影響で乾くのに時間がかかります。また設置空間の空気をそのまま吹きかけるため衛生面の向上が必要です。しかしダイソンのデジタルモーター搭載ハンドドライヤーの風速は、一般的なハンドドライヤーの約1.7倍以上かつ空気清浄機に使用されるほど高性能なフィルターまで搭載されていることに感心するとともに、社会の衛生意識・需要の高まりにあわせ“お手洗いを衛生的にしたい”という販売スローガンを掲げ、今後の切替需要に対応し販売開始いたします。


■dyson airblade(TM) ハンドドライヤーの特長
一般的なハンドドライヤーの風速は時速350~470キロ程度なのに対し、675キロの最大時速ですばやく手を乾かします。噴出する空気も、バクテリアサイズの微粒子まで99.97%吸着するHEPAフィルターを通過するため常に衛生的。さらにメインテナンス性にも優れ、ドレンタンクの清掃が不要なため清掃負担を軽減できます。


■ラインナップ
(1)蛇口と一体になった dyson airblade(TM) Wash+Dry
・最大14秒で乾燥
・自動水詮一体型により省スペース化
・HEPAフィルターによりバクテリアサイズの微粒子を最大99.97パーセントまで捕らえる
・NSF(P335)認証
・国際HACCP認証
・洗面台で一度に手洗いと乾燥
・赤外線センサー搭載
・100V仕様、200V仕様選択可能

(2)ダイソン デジタルモーター V4搭載 dyson airblade(TM) dB
・最大12秒で乾燥
・HEPAフィルターによりバクテリアサイズの微粒子を最大99.97パーセントまで捕らえる
・NSF(P335)認証
・国際HACCP認証
・ポリカーボネートで頑丈、長持ち
・赤外線センサー搭載
・100V仕様、200V仕様選択可能

(3)テクノロジーを凝縮したdyson airblade(TM) V
・最大12秒で乾燥
・HEPAフィルターによりバクテリアサイズの微粒子を最大99.97パーセントまで捕らえる
・NSF(P335)認証
・dBから60%小型化
・奥行10cmのスリムなデザイン
・静電容量センサー搭載
・100V仕様のみ


■会社概要
社名 : 株式会社キャプテンインダストリーズ
所在地: 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-8-8 キャプテンビルディング
代表者: 取締役社長 山下 宏
資本金: 9,800万円
URL : https://www.capind.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース