東大阪市と大阪府警の「サイバーセキュリティ協定」に協力 摂南大学の学生が対策相談窓口で対応

プレスリリース発表元企業:摂南大学




摂南大学(大阪府寝屋川市)経営学部経営情報学科の久保貞也准教授のゼミ生が、2月22日に東大阪市と大阪府警察本部が締結する「サイバーセキュリティ対策に関する協定」の具体的な施策のひとつとして、同市の中小企業および市民を対象としたサイバーセキュリティ対策相談窓口の開設に協力する。




 本協定は、中小企業の多い同市が昨今多発しているインターネット上のトラブルなどのサイバー犯罪の現状を把握し、問題を解決するため同府警と締結するもの。同府警のサイバー犯罪対策テクニカルアドバイザーを委嘱されている久保准教授にゼミ生による同市内企業および市民を対象とした窓口開設のオファーがあり、締結式後から4週にわたり毎週金曜日に相談を受け付ける。

 ゼミ生5人は窓口でコンピュータのOS(オペレーティングシステム)アップデートやバックアップといった基礎的な対策をはじめ、インターネットバンキング詐欺やセキュリティ対策のほか、監視カメラを悪用した犯罪などの手口や防止法など、サイバー犯罪の防止策についても解説する。また、窓口で収集した相談案件は同市や同府警と共有し、今後のサイバー犯罪抑止に役立てる予定。



○開設日時:
 2月22日(金)14:30~16:00
 3月1・8・15日(金)13:00~16:00
○場所:
 東大阪市役所 5階 危機管理室(東大阪市荒本北1-1-1)

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人常翔学園 広報室
(笹部・上田)
TEL:072-800-5371


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース