三菱造船、次世代LNG運搬船「MARVEL CRANE」の命名式を実施

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

TOKYO, Feb 22, 2019 - ( JCN Newswire ) - 三菱重工グループの三菱造船株式会社(社長:大倉 浩治、本社:横浜市西区)は21日、三井物産株式会社(社長:安永 竜夫氏、本社:東京都千代田区)向けに建造中である次世代LNG(液化天然ガス)運搬船の命名式を行いました。本船は、船体構造の効率化やハイブリッド推進システムの採用などにより、LNG積載量や燃費性能を大幅に向上させた船型を採用した最新鋭のLNG船で、「MARVEL CRANE」と命名されました。本年3月に予定する完成後は、三井物産が参画する米国キャメロン(Cameron)LNGプロジェクトのLNG輸送などに従事することになります。

三菱重工業 長崎造船所香焼工場で行われた式典には関係者多数が出席。三井物産の加藤 広之顧問による命名、ご令室による支綱切断が行われました。

本船は、三菱造船が三井物産向けに建造する同型LNG船2隻のうち一番船となるもので、長さ293.0m、幅48.94m、深さ27.5m、喫水11.4m、載荷重量トン数約7万9,000トン、タンク総容積約17万7,000m3。三菱重工と今治造船株式会社の共同出資によるLNG運搬船の設計・販売会社である株式会社MI LNGカンパニー(社長:梶原 輝文、本社:東京都港区)を通じて受注しました。建造は三菱重工グループの三菱重工海洋鉄構株式会社(社長:椎葉 邦男、本社:長崎市)が担当し、昨年8月3日に進水しました。三井物産は、キャメロンLNGプロジェクト向けのLNG船の船名として、渡り鳥に"MARVEL"を冠したものを採用しており、本船の"CRANE"は鶴のことです。

この船型は、信頼性の高いMOSS方式(注)の球形タンクを改良して上半球部分を膨らませたリンゴ形状タンクを搭載することで、新パナマ運河の通行が可能な船幅におさめたうえで、LNG積載量を効果的に増大させたものです。推進機関は、蒸気タービンとガス焚き可能なエンジンを組み合わせたハイブリッド2軸方式STaGE(Steam Turbine and Gas Engines)を採用。三菱重工独自の高効率再熱舶用蒸気タービン機関UST(MHI Ultra Steam Turbine Plant)と、ガスと油の両方を燃料にできる2元燃料ディーゼルエンジン発電設備および電気推進機関を搭載します。エンジンの排熱をUSTで有効利用することでプラント効率が大幅に改善され、低速域から高速域まで高効率運航が可能となります。

三菱造船および三菱重工海洋鉄構は、今後も引き続き燃費性能・環境性能に優れた次世代LNG運搬船を建造していくことにより、エネルギーの安定供給と環境保全に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/190222.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース