東日本大震災復興イベント「第8回福魂(ふっこん)祭 ~今こそ 絆 子供たちと共に 未来を創ろう~」への協賛のお知らせ

プレスリリース発表元企業:株式会社エアトリ
プレスリリース

プレスリリース

プレスリリース

株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)らが運営する、総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)は、3月11日(月)に福島県郡山市のビッグパレットふくしまで開催される、東日本大震災復興イベント「第8回福魂(ふっこん)祭 ~ 今こそ 絆 子供たちと共に 未来を創ろう」に協賛いたします。

当日は被災地の方々を想う気持ちで、日々練習を重ねた被災地の子供達がダンスを披露するステージも予定されており、非常に温かいイベントとなることが予想されます。エアトリは当イベント主催者の、「原発事故から約8年、辛い時期を過ごしてきた子供達に夢や自信、福島県民としての誇りを持ってもらえる様に、夢のステージを作る」という想いに賛同し、「第8回福魂(ふっこん)祭~今こそ 絆 子供たちと共に 未来を創ろう」に協賛いたします。

■「第8回福魂(ふっこん)祭 ~ 今こそ 絆 子どもたちと共に 未来を創ろう」イベント概要
・主催者メッセージ
~明日へ向かって、歩みを進める~
3.11東日本大震災では、約2万人の尊い命が失われました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/178009/img_178009_1.jpg

福島では、地震、津波に加え、原発事故、風評被害の4重苦に今なお苦しめられています。
特に放射能問題では、あたかも福島県の全てが放射能に汚染されているかの如く受け止められ、過剰な風評被害を生んでいます。各被災地では復興が進む中、福島だけが再生の糸口さえも見えないまま、多くの人々の記憶から忘れ去られようとしております。

そんな中、福島を想う地元の有志が……
亡くなられた人々へ鎮魂を捧げ、温かな救済の手を差し伸べていただいた全ての人々へ感謝し、絶対に福島を復興させる決意の再生イベントを行っていこう! と立ち上がり福魂祭を開催してまいりました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/178009/img_178009_2.jpg
今回で8回目を迎えます。
3.11には、たくさんの皆さんが一堂に会し 「鎮魂」・「感謝」・「再生」 の想いを共有して、また、明日へ向かって歩みを進める原動力となるイベントを開催したいと思います。
大勢の皆様のご来場を、心からお待ちしております。
また、イベントへの協賛に伴い、エアトリ会員を対象に「第8回福魂(ふっこん)祭招待チケット」を50組100名様にプレゼントいたします。詳細は下記、応募サイトよりご覧ください。

■「第8回福魂(ふっこん)祭」招待チケットプレゼント
応募サイトURL:https://www.airtrip.jp/fukkonsai/
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/178009/img_178009_3.jpg
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/178009/table_178009_1.jpg

※収益金の全ては寄付されます。※イベント内容について、詳しくは公式サイトを御覧ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース