2019-02-21 16:00:00

三菱自動車、2019年ジュネーブ国際モーターショー出品概要

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Motors

TOKYO, Feb 21, 2019 - ( JCN Newswire ) - 三菱自動車は、3月5日(火)から17日(日)までスイス・ジュネーブで開催される第89回ジュネーブ国際モーターショー*1に“Drive your Ambition”をテーマとして出展します。

本モーターショーでは、コンセプトカー『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER』及びコンパクトSUV『ASX(日本名:RVR)』の2020年モデルを世界初披露。さらに、1トンピックアップトラック『L200』(欧州仕様)の2020年モデルを欧州初披露します。

また、電動車の購入とあわせてV2H*2を中心とした家庭用システムをお客様に提供する新しいサービス「電動DRIVE HOUSE(DDH)」を開始する予定であり、この内容をデモンストレーション展示します。これは、太陽光発電機器やV2H機器、家庭用蓄電池などで構成するシステムをパッケージ化し、販売会社にて一括して販売するサービスです。電気代や燃料代の節減、緊急時の非常用電源としての利便性など、電動車を中心とした新しいエネルギーサイクルを提供します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5282.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース