三菱日立パワーシステムズ、高炉ガス焚きM701S(DA)X形ガスタービンほか火力発電の中核機器を受注

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

TOKYO, Feb 19, 2019 - ( JCN Newswire ) - 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、中国の鉄鋼企業である馬鞍山鋼鉄有限公司(Maanshan Iron & Steel Company, Ltd.)向けにM701S(DA)X形ガスタービン、蒸気タービンおよび発電機を受注しました。出力18万kW級の高炉ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電設備の中核機器となるもので、運転開始は2020年末を予定しています。

今回の発電設備は、高炉、コークス炉および転炉から発生する副生ガスを有効利用するもので、すでに稼働しているGTCC発電設備への増設分として受注。運転開始後は、既存発電設備と同じく工場内で必要な電力の一部を賄う計画です。

高炉ガス焚きGTCC発電設備は、M701S(DA)X形ガスタービン、排熱回収ボイラー、蒸気タービン、発電機、ガスコンプレッサー、各種補機などで構成されます。当社はこのうち、ガスタービン、蒸気タービン、発電機、ガスコンプレッサーのほか、電気集じん機、減速機などの補機を供給します。発電機は三菱電機株式会社製を採用します。

馬鞍山鋼鉄有限公司は、安徽省に本拠を置く中国大手の鉄鋼企業です。当社と馬鞍山鋼鉄集団との関係は良好で、当社は2007年に中国向けM701S(DA)形の初号機を中核とするGTCC発電設備1系列を同発電所向けに納入した実績があります。今回の受注は、当社ガスタービンの優れた性能とこれらの実績が高く評価されたことによるものです。

世界的な環境保全の流れを背景に、中国の製鉄業界でもCO2排出量の削減が強く求められています。高炉ガス焚きGTCCは、製鉄所から発生する副生ガスを有効利用することで、環境負荷低減に力を発揮するだけでなく、エネルギーの有効利用にも大きく貢献します。

高炉ガスは天然ガスに比べてカロリーが低く、安定燃焼には高度な技術が要求されます。当社は1980年代に専用の燃焼器を開発するなどして独自の高炉ガス焚きGTCC発電技術を確立。以来、国内外の製鉄所に数多く納入して、世界市場の6割超という世界トップのシェアを誇っています。

MHPSは今後も、エネルギーの有効利用と環境負荷の低減に貢献する高炉ガス焚きGTCC発電設備の受注活動を積極的に展開していきます。

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース