シマンテック、ビジネスメール詐欺攻撃を阻止する自動化ソリューションを提供

プレスリリース発表元企業:株式会社シマンテック

サイバーセキュリティのトップ企業の一つであるシマンテック コーポレーション(Nasdaq: SYMC、本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、以下、シマンテック)は本日、詐欺メールを阻止し、企業とメール送信者の信用を保証する自動化ソリューション「EmailFraud Protection」を発表しました。これにより、IT部門のワークロードを大幅に軽減し、メールのセキュリティ設定を手動で管理する必要性をなくしつつ、ビジネスメール詐欺(BEC) 攻撃を阻止します。

電子メールは、機密データを入手するための高度で新しい攻撃を常に考案しているハッカーたちにとって、脆弱なアクセスポイントです。そのため、ビジネスメール詐欺のような信頼できる送信者を騙るなりすまし電子メールは、組織にとって深刻な脅威です。FBI(米国連邦捜査局)によると、ビジネスメール詐欺攻撃は過去2年で136%増加し、報告された攻撃の被害総額は125億ドルにのぼります。シマンテックの「EmailFraud Protection」は社員、取引先、顧客をターゲットにした詐欺メールを阻止するために多層型のアプローチを採用しており、企業の経営幹部になりすましたハッカーたちから企業を保護します。

第三者によって送信されたなりすまし電子メールに対して、SPF、DKIM、DMARCなどの送信ドメイン認証技術を用いて重要な電子メールを誤検知でブロックすることなく的確に特定するためには、費用がかさむだけでなく、時間や、技術力の高い人材が必要になります。「EmailFraud Protection」は管理者が電子メール送信者のパラメータを手動で設定および保守する必要性をなくし、かわりに、許可された第三者送信者の自動モニタリングにより、送信ドメイン認証技術の容易な導入と運用を実現します。

グローバルな専門保険会社兼再保険会社であるMS AmlinのITセキュリティマネージャーであるジェームズ チャールトン(JamesCharlton)氏は次のように述べています。「電子メールのなりすましをDMARCで阻止できるソリューションを見つけることは、とりわけ1つのドメインに複数の送信者がいるビジネス業界では容易ではありません。シマンテックの『EmailFraud Protection』は、そのためのソリューションです」

「EmailFraud Protection」は「SymantecEmail Security」と統合して送信ドメイン認証技術をサポートし、スパム、マルウェア、フィッシング攻撃などのプラットフォーム脅威をオンプレミスまたはクラウドでブロックできるようにします。また、「SymantecEmail Threat Isolation」と統合することで、スピアフィッシング、認証情報窃盗、アカウント乗っ取り、ランサムウェア攻撃のリスクを低減します。

シマンテックの電子メールセキュリティ担当シニアバイスプレジデントであるパトリック ガードナー(PatrickGardner)は次のように述べています。「シマンテックは統合サイバー防御プラットフォームによって顧客にビジネス上の価値を提供することに重点を置いています。『EmailFraud Protection』は『SymantecEmail Security』に追加された有力ソリューションで、企業に自動化された総合的電子メールセキュリティソリューションを提供します。当社の目標は、企業およびIT部門が作業負荷の軽減とコスト削減を実現することです」

シマンテックの「Email Fraud Protection」詳細は下記をご覧ください。
https://www.symantec.com/blogs/product-insights/how-symantecs-email-fraud-protection-keeps-your-company-safe-and-secure

シマンテックについて
シマンテックコーポレーション(NASDAQ: SYMC)はサイバーセキュリティ業界をリードする世界的企業です。さまざまな場所に保管されている大切なデータを守るため、企業や政府機関、個人のお客様を支援しています。エンドポイントからクラウド、インフラまでを高度な攻撃から守るため、世界中の企業がシマンテックの戦略的統合ソリューションを選択しています。また、世界中で 5 千万以上の個人やご家庭が、自宅などで使用するデバイスそしてデジタルライフを守るために、ノートンと LifeLock 社の製品を使用しています。シマンテックのサイバーインテリジェンスネットワークは民間が運営するネットワークとしては世界最大規模を誇ります。このネットワークが、先進的な脅威をいち早く発見し、お客様を守ります。
詳しくはwww.symantec.com/ja/jp/ をご覧ください。

*Symantec 社の名称、ロゴは、米国 Symantec Corporation の米国内およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他製品名等はそれぞれ各社の登録商標または商標です。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース