開発が進むマイクログリッドの設備容量が世界全体で今や3ギガワットを超過

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバル インフォメーションは、Pike Researchが発行した報告書「Microgrid Deployment Tracker 4Q12Campus, Military, Remote, Commercial/Industrial and Community/Utility Microgrid Segments: Project Tracking and Capacity Growth (マイクログリッド導入トラッカー:キャンパス・軍事・商業/産業・コミュニティ/ユーティリティ用マイクログリッドのプロジェクトおよび設備容量)」の販売を開始しました。


今日運用中のマイクログリッドは要するにほとんどが改造プロジェクトであり、従来の発送電システムに、マイクログリッド構成要素を統合できるように設計した制御技術を上乗せして使用しているものです。マイクログリッド構成要素は通常、少量の太陽光発電システムや新型のエネルギー貯蔵システムといった形をとっています。しかしながら将来は全く新規に構築するマイクログリッドがますます広がって行くでしょう。Pike Research社の新調査レポートによれば、活動中のマイクログリッド・プロジェクトは世界中で急速にその数を増加し続けており、マイクログリッドの総設備容量も同様に急増しています。

同レポートは全部で67の新規マイクログリッドを掲載しており、これは前回のPike Research社のトラッカー・レポートに示した過去のプロジェクトの総設備容量と比べると、世界全体で571メガワット(MW)の容量増加となっています。同レポートによると、計画中、提案中、開発中、ならびに完全稼働中のマイクログリッドすべてを合計すると、全体で3200 MW近い設備容量となります。

「大企業や小企業、またさまざまな政府部局や研究機関で、積極的に新しいマイクログリッドの創設や組み立てを進めています。この新規導入トラッカー・レポートの更新版に新規プロジェクトについてのデータを提供頂いた企業の内、ほんの数例を挙げただけで、SAIC、Honeywell、SMA International、Arista Power、Younicos、Blue Pillar、ならびにYoungblood Capital Groupといった各社が含まれています。」上級リサーチ・アナリストのPeter Asmus氏はこのように述べています。

マイクログリッド市場成長の鍵となる推進要因のひとつは防衛分野です、とAsmus氏は付け加えています。米国国防長官が最近、マイクログリッドの配備に着目して施設内の電気インフラの洗い出しを含め、国防総省施設についての調査を実施しました。国防長官によると、40以上の米軍基地が、現在運用中のマイクログリッドを保有しているか、マイクログリッド配備を計画中か、あるいはマイクログリッド技術の調査研究や実地デモを実施したという段階にあるとのことです。

同レポートは2年毎に改訂を行うデータベースで、マイクログリッドの5つの用途市場分野と4つの主要地域市場とをカバーしています。当レポートにはマイクログリッド・プロジェクトとして、提案段階のもの、計画済みのもの、建造中のもの、ならびに実運用中のものをリストアップし、さらにまた、今後6年間にわたって、マイクログリッドを成功が見込めるものとするための足場固めとなるようなプロジェクトを厳選して掲載しています。このデータベースが目指す目標は、世界の中で最良にして最新のマイクログリッド・プロジェクト情報の供給源となることです。

市場調査レポート: マイクログリッド導入トラッカー:キャンパス・軍事・商業/産業・コミュニティ/ユーティリティ用マイクログリッドのプロジェクトおよび設備容量
Microgrid Deployment Tracker 4Q12Campus, Military, Remote, Commercial/Industrial and Community/Utility Microgrid Segments: Project Tracking and Capacity Growth
http://www.gii.co.jp/report/pike227601-microgrid-deployment-tracker-4q11-commercial.html
出版日: 2012年11月01日
発行: Pike Research

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/topics/EN05_jp.shtml
〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース