2019-02-12 00:42:00

Leoが英国でチャールズ皇太子と会い、「未来への投資」の慈善晩餐会に招待された。

プレスリリース発表元企業:PSEX
Leoが英国でチャールズ皇太子と会い、「未来への投資」の慈善晩餐会に招待された。

Leoが英国でチャールズ皇太子と会い、「未来への投資」の慈善晩餐会に招待された。

(江原、韓国)- 暨PsExの共同創設者は、韓国の江原道で開かれるブロックチェーン平昌フォーラム2019に出席し、江原省省知事の崔文旬とブロックチェーン産業研究政策と今後の発展方向を検討した後、Leoはチャールズ皇太子殿下の厚意あふれる招待を受け、チャールズ財団が主催する「未来への投資」をテーマにしたプライベート慈善晩餐会に参加するため、イギリスのロンドンへやってきた。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20190211005507/ja/

(Photo: Business Wire) (Photo: Business Wire)

チャールズプリンセス財団はチャールズ皇太子が率いる慈善財団で、主流の金融機関から援助を得られない組織、企業、個人(芸術家など)に融資と援助を提供し、同時に英国全土の失業者に再度の育成と就職活動の機会を提供する。財団創立以来、英国の国民、政府、英国の映画・テレビ産業、世界的に有名な宝石商ジョージプラグネル、そして中国のファーウェイテクノロジーズを含む、世界の著名人や著名な企業によって広く支持され認められてきた。晩餐会の間、Leoとチャールズ皇太子がブロックチェーンは如何にしてに規制された発展を遂げ、如何にして経済社会にサービスを提供するかについて密接に会談し、同時に英国における将来のブロックチェーン関連法案の制定に貴重な意見を述べった。そして慈善晩餐会で惜しみなく寄付し、一同の喝采を勝ち取った。

晩餐会が終わってからの2日目に、Leoはロンドンの著名なスポット、ランドマーク建築物のザ・シャードで、MANSARDの創設者兼最高投資責任者であるLeon DiamondのSellar Development 、英国年度青年企業家FundVentures社のCEOであるMARK PEARSON、Backes&Strauss主席のVartkess A. Knadjianらと面晤した。Sellar開発基金は同時にザ・シャードの設計者とディヴェロッパーであり、現在ザ・シャードはロンドンにおいで約20億ポンドの資産評価を得ている。Fuel Venturesは英国のハイテクベンチャー企業であり、世界第1位のテニススターアンディ・マレーや多くの英国富豪たちはこの企業の投資家であり、2015年に投資されたVe Interactiveは30億ドルの財産評価と140倍の投資収益を誇る。面晤の間、各々たちは英国の不動産業、インターネット、金融、ブロックチェーンの開発状況、投資環境、投資機会、そしてこれから来るであろう脱欧が英国に及ぼす影響について討論した。

この面晤を通じて、Leoはチャールズ財団やさまざまな社会的著名人と、ブロックチェーンの完全なエコ開発の戦略的計画について詳細な意見を交わし、これから多くの領域の協力的共存共栄の戦略的思考に達した。PsExブロックチェーンエコ開発戦略の利益と将来の価値を英国とヨーロッパにもたらした。そしてブロックチェーン技術を通じて、英国の慈善、不動産、創業、そしてインターネットのブロックチェーン化を促進し、より多く共存共栄を実現する。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190211005507/ja/

連絡先
Company Name: PsEx
Contact Person: Aaron Paul
E-mail: Aaron455@gmail.com
Website: http://PsEx.com/

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース