プレシジョン・サーフェシング・ソリューションズ(PSS)、マイヤー・バーガー・テクノロジーのウエハー製造部門を買収

プレスリリース発表元企業:Precision Surfacing Solutions
プレシジョン・サーフェシング・ソリューションズ(PSS)、マイヤー・バーガー・テクノロジーのウエハー製造部門を買収



(米イリノイ州マウントプロスペクト)- (ビジネスワイヤ) -- 精密ラップ仕上げ、研磨、研削、ホーニング用の機器とサービスを供給する世界一流企業であるプレシジョン・サーフェシング・ソリューションズ(旧ラップマスター・ウォルターズ・グループ)は本日、マイヤー・バーガー(本拠地はスイスのトゥーン)の太陽光発電/特殊基板材料(半導体/サファイア産業用)向けウエハー製造装置/サービス事業を買収すると発表しました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20190211005355/ja/

PSSのブライアン・ネルソン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「マイヤー・バーガーのウエハー技術ポートフォリオを買収することで、当社は重要市場、特に半導体とコンシューマエレクトロニクスの分野において、活動をさらに強化・拡大させることができます。当社のピーターウォルターズの最先端AC microLine技術(ドイツのレンツブルクで製造)はすでに大手基板ウエハーメーカーに利用されています。私たちは、MBのウエハーラインの追加によって、既存の顧客基盤との組み合わせ販売の大きな商機が実現し、比類のないグローバルサービスと技術サポートを提供する機会がもたらされると考えています。」

PSSは、トゥーン(スイス)において、マイヤー・バーガーの現地従業員のノウハウを活用し、非PVウエハーアプリケーションを対象に、製品開発と製造活動を継続していく考えです。PSSはトゥーンでマイヤー・バーガーと長期レンタル契約を締結しました。太陽光発電ウエハーシステムの生産活動は、中国に残されます。世界中のウエハー製造分野の顧客については、新旧すべてに対するグローバルなサービスサポートを今後も維持します。PSSは、トゥーンにいる約70人の従業員と、世界の他地域にいる26人を引き受けます。PSSのグループ最高技術責任者(CTO)であるブレット・ローゼンタールは、「マイヤー・バーガーの買収により、PSSグループには優秀なエンジニアと技術スタッフが大勢加わります。これらが私のグローバルエンジニアリングチームに加わり、その専門力を当グループ内で活用することを大いに期待しています」と述べています。

マイヤー・バーガーのハンス・ブレントレCEOは、次のように述べています。「マイヤー・バーガーのルーツはウエハー業界にあり、そこから成長しましたが、今日の主な重点は太陽電池セルコーティングとモジュール接続の技術です。当社のウエハー製造製品ポートフォリオの新たな所有者であり、半導体業界で存在を確立しているPSSは、当社のウエハー製造技術との相乗効果を最大限に発揮する上で理想的な立場にあります。PSSが新しい所有者になったことで、トゥーンの雇用と技術ノウハウの両方を確保しながら、双方にとって有益な解決策を見つけることができ、非常にうれしく思います」。

買収の完了は、標準的な完了条件に従います。取引の成立は2019年第1四半期末までに完了する見込みです。契約上の買収額は現金で5000万スイスフランで、これはウエハー製造装置企業としてのマイヤー・バーガーのおよその一時払い額となります。契約には、2019年の一定の収益レベルに基づくアーンアウトの要素も含まれます。マイヤー・バーガーもPSSも、この取引を戦略上の重要な節目的成果と見なしており、これによって世界的技術リーダー企業2社はさらに強化されるはずです。

PSSのグループ最高財務責任者(CFO)を務めるケリー・キャビットは、次のように付け加えています。「私たちはマイヤー・バーガーと最終条件で合意に達したことを大変喜んでおり、この買収は両組織にとって勝利であると感じています。ウエハー製造装置事業の追加により、PSSは評判の高い精密技術がさらに1つ増え、当グループの長期的な財務見通しもさらに強化されます。」

プレシジョン・サーフェシング・ソリューションズは、最も難しい精密表面仕上げの問題を解決しました。当社の各ブランドを合わせて数百年もの経験があるPSSは、ほぼすべての用途で費用対効果の高い加工処理ソリューションを成功裏に開発してきた実績があります。

プレシジョン・サーフェシング・ソリューションズ(PSS)について

PSSはミクロン精度の表面仕上げを実現する技術の開発で業界をリードする世界的企業です。PSSは、世界各地に存在して拡大を続ける販売サービス事業所ネットワークを介して、ラップマスター、ピーターウォルターズ、ELB、aba、MICRON、REFORM、KEHRENという有名ブランドの下、ラップ仕上げ、研磨、精密研磨、ブラシバリ取り、クリープフィード研削、ボアホーニング、両面研削、バフ研磨のためのコスト効率に優れた加工ソリューションの開発に成功してきた実績があります。当社の活発な世界的顧客9000社以上が、さまざまなエンドユーザーの精密仕上げアプリケーションに精密砥粒加工技術を利用しています。PSSは、イリノイ州マウントプロスペクトに本社を構え、3大陸の13製造施設に900人以上の従業員を擁しています。詳細については、http://www.precision-surface.comをご覧ください。

マイヤー・バーガー・テクノロジーについて

マイヤー・バーガーは、半導体技術に基づいた革新的なシステムとプロセスを専門とする世界有数の技術企業です。当社は太陽光発電分野(ソーラー産業)に傾注していますが、それと同時に、当社の能力と技術は、半導体産業とオプトエレクトロニクス産業の重要分野や、半導体材料に基づくその他の一部高級品市場もカバーしています。国際的な一流ブランドであるマイヤー・バーガーは、ウエハー、太陽電池セル、太陽光発電モジュールの製造プロセス向けの優れた製品と革新的なソリューションを太陽光発電業界のお客さまに提供しています。当社はバリューチェーンの中核技術に焦点を合わせることで、お客さまに大量の付加価値を提供し、競合他社との明確な差別化を実現しています。マイヤー・バーガーの包括的な製品ポートフォリオは、世界規模のサービスネットワークのスペアパーツ、消耗品、加工のノウハウ、カスタマーサポート、アフターサービス、トレーニング、その他のサービスで補完しています。マイヤー・バーガーは、欧州、アジア、北米の各地域の主要市場に進出しており、中国、ドイツ、インド、日本、韓国、マレーシア、オランダ、スイス、シンガポール、台湾、米国に子会社と独自のサービスセンターを置いています。また、南米、アフリカ、アラブ地域などの新市場の開拓にも集中的に取り組んでいます。マイヤー・バーガー・テクノロジーの登録株式は、スイス証券取引所に上場されています(ティッカー:MBTN)。詳細については、www.meyerburger.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190211005355/ja/

連絡先
Kelly Cavitt
Chief Financial Officer
Precision Surfacing Solutions (Formerly Lapmaster Wolters Group)
501 W Algonquin Road
Mount Prospect, IL 60056
Phone: 1-224-659-7105
k.cavitt@lapmaster-wolters.com
http://www.precision-surface.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース